運命セラピスト アフィの“運は自ら掴むもの!”

afi style



バックナンバー:January 2009

January 31, 2009

幸せの基本

今発売中の「VOCE」3月号で、開運コスメ収納技を紹介してるのでチェックしてみてね☆
20090131_01
P159だよん。

あなたはもっと輝きたい?
そしてもっともっと幸せになりたい?

ならば低すぎる自尊心を捨て、高すぎる虚栄心と手を切り、根拠に基づく自信を育てていくことが大切。

なぜなら低すぎる自尊心も、高すぎる虚栄心も心を蝕み、内側からの輝きをなくし、本当の幸せを逃してしまうから。

そして、根拠のない自信を支えにするようになると、人は現実からどんどん遠ざかり、思い込みや妄想を頼りにしてしか生きられなくなってしまう。

頼るべきは、今、この現実を生きている自分自身なのに。

だから自信には、人も自分も納得できるような根拠を持っていこう。これは私の人生のテーマでもある。

そんな私も自信をなくす時がある。

そういう時は、ブロンズのグロスを唇にのせ、失いかけた自信を取り戻すのね。
20090131_02

ブロンズは獅子座と太陽神に対応。自分を信じる力を与えてくれるカラーなんだよ(^-^)

人生いろいろ。自信を持ったりなくしたり。泣いたり笑ったり。

でもどんな時でも、自分が好きだと思える自分を目指していきたいものだね。

あなたにはあなたのいいところがあるじゃないか。あなたは精一杯やったじゃないか。あなたなら大丈夫。
そう自分を勇気づけたり励ましたり、いたわってあげられる、そんな自分。

好きと思える自分になろう。自分が自分を好きでいることが、幸せの基本だから。

投稿 by アフィ | アフィ’s 開運メイク | | コメント (4)

January 30, 2009

過去が与える人生の課題

前向きに生きることは運にプラスだけど、前向きもいきすぎると「前のめり」になるから気をつけなくてはならない。


結果を急いで先走ったり、形や確かなものが欲しくて自分のことしか考えられなかったり、まわりが見えなくなってしまったり…。

そこに生まれる焦燥感や自己中心的な行動が、不運やトラブルを引き寄せる原因となる。



また、後ろ向きは運にマイナスだけど、「後ろを振り返ること」はとても大切な心理的作業。


後ろを振り返るとは、過去にさかのぼって自分を見つめ直すこと。


「今これからを良くするためには、何から改善していく必要があるか?」そのヒントがぎっしりつまっているのが過去。だから過去振り返り、過去に学ばせてもらうことは、未来の幸せを作ることにつながる。


数年前私は、錨(いかり)となった過去に足止めを受けた。

それは、その時の私が過去からの学びが足りず、進む前にまだまだ“ここで”学ばなくてはならない課題がある、ということだったのよね。


その課題をクリアした時私は、過去という錨から解き放たれ、舟は前へと進み出したのだ。



前を向いて、時に後ろを振り返りながら、一歩一歩人生を歩いて行こう。



人は誰しも、過去からの道の先、未来への入り口、そんな場所に、今立たされている。

20090130_1

今お気に入りの靴☆

投稿 by アフィ | | コメント (10)

January 29, 2009

幸せを伝染させてくれる人の見分け方

「幸せは伝染する」ことをアメリカで医学的に証明した研究チームがいるんだって。NYタイムズで取り上げられ、大きな反響を呼んでいるそうだ。


確かにそう。ホントそう。幸せは伝染するし、幸せな人のまわりには幸せな人が集まる。幸せは幸せを招き、輪を作る。


結婚式の披露宴やその二次会が、絶好の恋のチャンスになのもそのため。そこで見つけた恋は、新郎新婦からの幸せのお裾分けだからね。


良縁に恵まれたいなら、祝いの席には積極的に出かけるべし。


また、幸せな人から誘われた集まりにも、良い出会いの種が転がっているもの。

幸せな人は意地悪をしない。幸せな人は優しさにケチじゃない。幸せな人は人と人を繋ぐことを惜しまない。だからそんな人のまわりには、幸せに繋がるための縁の糸が必ずある。


そう確信している私は、幸せな人からのお誘いには、出来る限りのるようにしてるのよ。男女問わずね。


ちなみにいつも言ってるけど、幸せな人とは「幸せそうに見える人」ではない。「幸せを感じている人」のこと。 ここを間違えてはならない。


本当に幸せな人は、

○過剰な幸せアピール&自慢話をしない。

○人相に剣がなく、たおやかさがある。


○まわりの人の幸せを素直に喜べる。


○人の話をちゃんと聞ける余裕がある。

○他人に対して下心のない親切が出来る。


○言葉におもいやりと優しさを持てる。



そんな人を見つけたら、是非ともお近づきになろう。

幸せを伝染させてもらうために。


そしてその伝染した幸せを、まわりの人たちに伝染させていくために。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (12)

January 28, 2009

女の悩み年

20090128_01


今週号のAERAの記事によると、恋愛も結婚も「B-35」が嘆きの壁とのこと。

B-35とは、35才を前にした未婚女性。


確かにそうなのである。占いの現場でも、恋愛&結婚についてのご相談は、その年齢域の未婚女性が最も多く、悩みが深い。まさに、現代社会の女の悩み年といえるだろう。

女の悩み年は、時代を象徴している。


ひと昔前は、29才のクリスマス。Bー30(30才手前)が、いわゆる女の瀬戸際だった。その昔はクリスマスケーキ(25才手前)、結婚が女のゴールとされていた時代。

今は35才。マル高、つまり高齢出産になる年齢が、ひとつのラインとなっている。


私なぞは、もはやアラフォー世代に入ったので、崖っぷちの崖を越えたというわけだ。

だからある意味気が楽。


人生なるようにしかならないし、どう生きたいか?どう在りたいか?は、結局のところ他人ではなく、自分が決めること。自分の人生は、自分の責任でしかない。そう思えるようになれると、ぶれない自分になってくる。そんな強さは、4の声(四捨五入したら40才)を聞いてこそ得られないのかもしれないね。


若さを失う代わりに得る、たくさんの気づきがある。それが女の人生。

悩み年の妹たちよ。少し先を歩く私がいえること、それは「今の季節は、女なら誰しもが通る道」であり、「その苦しい時期を乗り越えてこそ、オシリの青さが取れる」ということ。


“本物の”女の色香を養うために、今あなたは憂いている。


そしてそんな憂いが熟れとなり、女に深みをもたらすのだ。


飽きられない女も、人生を謳歌出来る女も、奥行きが深い。


嘆きの壁も、楽しみながら越えていこう。


どうせあなたも私も、いつか必ずおばあちゃん(^-^)

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (4)

January 27, 2009

DS占い生活☆

任天堂から発売された「DS占い生活」がすごい。
20090127_01
気になることを手軽に本格的に、的中率の高い占術で鑑定できちゃうんだよ☆


「今日の運勢」から「恋の行く末」「あの人の気持ち」「結婚運のすべて」「近い未来に起こること」など、メニューは120種類。

「あの人は、今、あなたのことをどう思っている?」なんてことも占える。この場合、占術は梅花心易。梅花心易は、占いたいと思った時から卦を出して占う術ね。


「彼は私のことをどう思っているの?」

20090127_02
これは、恋する女の子なら誰もが知りたい気持ちだよね。


あの人の心をあの人以外から教えてもらう術、それが占い。


対面鑑定の現場で、さまざまな方の気持ちを占って来た私が思うのは、「人の心はなまものであり、移ろうものである」ということ。


だから心が近づくこともあれば離れる時もあるし、心変わりだってする。それを裏切りだといって、一概に責めることは出来ないと。


「あの時そう思ったのは、まぎれもない事実。そして、今のこの気持ちが真実。」そう考えることで人の気持ちを受け入れ、理解した上で付き合っていく。これが、人の気持ちに振り回されず、自分の心を大切にしながら生きていく秘訣なんじゃないかな。

自分の気持ちに素直になろう。自分の心を偽りながら生きるのは“あなたらしく”ないよ。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (4)

January 26, 2009

世間さまさま

ありがたみとは、その存在や、与えてくれる行為(もの)が当たり前じゃないことを知った時、しみじみと感じるもの。

失いかけてみないと、本当に大切なものに気づきにくいのが人間だからね。

実家にいた頃の私は(すでに干支ひとまわりくらい前)、母のしてくれること、母の存在そのものへのありがたみに麻痺していた。

うるさいなぁとか、細かいなぁと感じることがあったからね。


人はありがたみ麻痺を起こすと文句が多くなったり、ふてぶてしくなったり、可愛げがなくなる。


これが、愛と運を遠ざけるというにも関わらず。

一人暮らしをして、自由と引き換えに得た孤独と苦労を嫌というほど味わった私は今、母のありがたみが痛いくらい身にしみている。


炊きたてのご飯が、こんなにもありがたく美味しいなんて。
20090126_01

家族で食卓を囲めることが、こんなにも嬉しいなんて。

当たり前だと感じていた頃にはわからなかったこと。

これも世間が、親との間に「ちょうどいい心の距離感」を保てるほどに、私を成長させてくれたおかげだろう。

世間さま、ありがとう。

そう、世間は大切なものに気づかせてくれる。そして運とは、大切なもののありがたみに気づいた時から上昇していく。


それは家族だったり恋人だったり、友達や仲間だったり、自分を支えてくれている人や支えさせてくれている人、信念や尊厳、夢や希望であったり。


だから傷つくことを過度に恐れないで、世間と向き合っていこう。

ありがたみを感じる心を養うためにも、新しい自分に出逢うためにも。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (2)

January 25, 2009

相手の立場を理解するために

人生は、自分がその立場になってみない限りわからないことがほとんど。


だからむやみやたらに人を批判したり悪口を言ったり、見下したりすべきではない。


なんでこんな話をしているかというと、ボンを飼うまでは、犬に服を着せている人を見ると「そこまでやるかなぁ~」と思ってしまう私がいたからである(ゴメンナサイ)。


そんな私も今やコレ。
20090125_02
しかもフードつきのダウン(笑)

真冬に散歩してみてわかったのは、地表の温度は気温より3~5℃低いということ。だから、お散歩中のワンちゃんは人間より寒いのだ。


ドッグランに行ったら、服を着たワンちゃんがいっぱい。 ほとんどの人が、犬という家族の健康を思って着せてるのである。

犬に服なんて…と思う私はもういない。 犬にも防寒具は必要だ。それは自分がその立場になったからこそわかったこと。


これからも私はさまざまな立場を経験し、そこで初めてその立場にある人の気持ちを本当の意味で理解できるのだろう。


そして、過去自分を傷つけた人の気持ちも、許せないでいる人のあの時の気持ちも、いつか自分が反対の立場に立ったその日に私は知る。


その日に会えることを、楽しみにしながら生きていきたい。


その時が、過去から自由になれる時だから。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (7)

January 24, 2009

自分との戦い

人生には起伏がある。なぜなら運にはバイオリズムがあるからだ。


そんな運のバイオリズムを教えてくれるのが命術。
生年月日時から占う術のことね。


とかく不運期というのは、判断ミス、選択ミスをしやすい。


不運期というのはいわば試練期なわけだから、天は無理難題を次々と落としてくる。

でも人は試練がなかったら、何が幸せで、何が大切なのかに気がつけない。


だから今、あなたが不運な時にあっても、希望を捨てないで欲しい。だって、自分と時間を味方につけ、目の前のことから逃げなさえしなければ、いずれ必ずトンネルは抜けるから。

そう、自分と時間。この二つを味方し、自分から逃げない。これが運命を拓く鍵。

私は離婚経験者である。結婚した時は不運期真っ只中だった。でも私は宿命に導かれ、自らで運命を運んで結婚した。


離婚に至るまでの私は、円形ハゲは出来るわ突発性難聴になるわで地獄だった。


でも、だから、大切なことや本当の幸せ、かけがえのないものに気づけたのだ。


前の旦那さんには本当に感謝している。 たくさんの私に気づかせ、バネになってくれたのは彼。憎しみがバネになったから今の私がある。いつか会えたら、心からありがとうを言いたい。

離婚した私は失敗者なのか?

そうは思わない。


大切なことに気付き、自分を信じる強さを得た私は「私に勝った」そう実感している。

自分に勝とう。人生は自分との戦い。自分に勝って、自分を味方に引き込むのだ。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (7)

January 23, 2009

等身大で生きる

今日はコンテンツ用の新しい写真を撮影したのね。
20090123_02

白いシャツは乙女座に対応。なので、実務的な能力を上げたい時や、知性をアップさせたい時、義務や責任の中に目的を見いだしたい時は、白シャツを着るとプラスなんだよ(^-^)


白シャツって、気持ちまでパリッとさせてくれる。背筋が伸びる感じがするしね。

私は開運メイク、ネイルだけでなく、運を向上させるためのファッション指南も行っている。

実はファッションで運を下げている人って、占い的にみると結構多い。人にはそれぞれ似合う似合わないがあり、喜ぶものと忌むものがある。


どんな流行りの服でも、デザイン性高いブランド服でも、それが自分に合っていなかったり、運にマイナスだったり、服に負けていたり、服が武装となって悪く働いてるようではダメなのだ。


服はあくまでも自分という人間の良いところをより輝かせ、コンプレックスをカバーするためにまとうもの。だからファッションは分相応が一番。


なんでもそうだが、分不相応になってしまうのは、その人自身が歪んだ自己像を持っているから。この歪んだ自己像を正しくして、等身大の自分を知ることが、幸せをつかむ鍵でもあるんだよなぁ…。

等身大で生きよう。人生は背伸びしながら歩いても、つんのめるだけだから。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (7)

January 22, 2009

人間修行

占いの的中率がアップしている(^-^)
20090122_02

「先生のいったとおりになりました」「アドバイスにしたがったらうまく行きました」といった報告が、最近特に多いのだ。


嬉しいなぁ。人のお役に立てるという喜びは深いものだね。


もっと腕が上がるよう、日々精進していきたい。

どんな占いでも、しょせん人作業(読み解くのは占者だからね)。100%未来をいい当てるのは難しい。


でも70を80%に、80を90に、90をより100%に近づけるためにどんな努力をすべきかを考え、実践していくことが、プロとして生きる条件だと私は思うのよ。


これは、どのような仕事を生業にしていても同じ。その道で生きて、世間様からお金をちょうだいしているのなら、その仕事に責任持てる自分に自分を育てなくちゃ。

人は、仕事という経験を通じて人間を磨いていく。だから辛くても苦しくても、悔しくて泣きたくて、誰かにすがりたくてたまらなくても「今の自分が経験しておかなくてはならない大事なこと」がそこには必ずある。


そう仕事とは、ご飯を食べていくためだけにするんじゃない。人生を豊かにするための学びを得たり、内側に眠る可能性を目覚めさせたりしながら「自分という人物を作り上げる」ために、仕事の力を借りるのだ。


そこで得るものは、人間関係調整能力だったり、忍耐力や気づき力だったり、創造力や交渉力、人と上手に共生する智力だったり。


だから仕事に感謝する気持ちを持って、目の前にあるひとつひとつのことを大切にこなしていこう。

何事も人間修行。そう思えば納得のいくことが、世の中にはたくさんあるのだから。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (7)

January 22, 2009

チェンジザワールド

オバマ米新大統領が誕生したね。


期待と同じくらい、いやそれ以上であろう課題と問題を抱えてのスタートだが、アメリカだけのためでなく、世界のため、人類のために頑張っていただきたいとせつに願う。

就任式をテレビ見ていて感じたよ。この人は、命かけてるなと。そして熱くて厚い心の持ち主だなと。


今の日本は、国を良くしたいからではなく総理大臣になりたくてなる方や、家業を継ぐ感覚でなられる方ばかりだもんなぁ…。 ため息が出ちゃうよ。

今後オバマ大統領が、これまで口に出したことをどれくらい実行&実現出来るかは分からないけれど(なんせ問題山積み)、上手く行かないことすべてを彼のせいにするのではなく、米国民ひとりひとりが前向きな気持ちを持って自己鍛練に励み、協調・共生するこころを大切にしていかない限り、良くチェンジするのは難しいんじゃないかな。



これは日本も同じ。


自分さえ良ければいい、自分を取り巻く環境さえ守られていればいい、そういった自己中心的な思いによって膨んだ大きな風船が破裂した結果が、今の世界の現状なのだから。

私たちひとりひとりがチェンジする。これが、世界を変える一番の道。そう感じている私なのでした☆


あと、Goro's Bar本日22日(木)23:59~放送です☆
「開運メークって何だ?一度試してみる価値はありそう…」

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (5)

January 21, 2009

正しい神頼み

今日は朝から御礼参りと今後の発展祈願のため、マイパワースポットであるお寺を参拝したのね。

20090121_01
1月だけは特別に鐘を打つことが出来るので、鳴らしてみた。

20090121_02

神頼みというと、努力をしないでただ運を天に任せるようなイメージを受けるけど、そうではない。

神に頼るのではなく、ネガティブな感情を流して不安を和らげ、前向きに歩いていく力をかきたて、そして、前のめりにならないよう、神さまを味方につけ命運を上げていくことをいうのね。


正しい神頼みとは、神さまと接して仏縁を深めるという行為の中で自分自身を見つめ直し、反省したり気づいたり、謙虚になったり意志を強くかためたりすることで、運を引き寄せる生き方をすること。

だから私はお願いするというよりは、心願を宣言させていただき、それに向かって突き進んで行く力をチャージするという感じ。


「○○してまいりますので、神さま、私の内側にある力を引き出し、自分を信じる心を与え、お守りください」というように。


だから心願が叶いやすい。


私欲と心願をはきちがえないよう、気をつけてるのもあるだろう。

あなたのその願いは欲?それとも心からの願い?


良く考えてみて。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (6)

January 20, 2009

幸せはつかむもの

2月14日に出版される私の本の題名が決まりました☆

『幸せをつかむ「魔法の手」の作り方』(マキノ出版)


さきほど最終校正チェックが終了。
20090120_02
これまでの私の研究&実践の集大成本なので、是非お手に取ってみてくださいm(__)m


その手が、幸せをつかむ魔法の手になるから。

今回の本では、チップの制作をネイルクイックさんにお願いしたのね(*^^*)

アフィ×ネイルクイックとのコラボレーション開運ネイル☆

全部可愛く素敵に仕上がってるので、カラー選びやデザインの参考にしてね♪

私は本の制作のお仕事が好きである。というか、私の脳みその中には、人生をより豊かにするための、そして幸せを感じる能力を高めるためのヒントやアイデアがたくさんつまっているのね。なぜなら、幸せになることに真面目に真剣に生きてきたから。


だから、それを幸せになりたい一人でもたくさんの人に伝えていきたいのよ。だって幸せになるためには「気付き」が何よりも必要であり、そこに光を当てる存在がいなくてはならないでしょ。


私はあなたを照らす灯台になりたい。


そして、ひとりひとりが幸せをつかむことが国を良くし、世界平和に繋がると信じている。

奪い合えばきりがない。与え合えばいくらでも余るのにね…。

その次の本は、開運美容から少し離れた内容にする予定。企画は着々と進んでいるので楽しみにしていてね(*^^*)


大丈夫、あなたはもっともっと幸せになれる。


幸せをつかむために、今できることから始めよう。生きる意味は、その先に必ずある。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (1)

January 20, 2009

バレンタイン・ホワイトデーにオススメの開運メイク

来月はバレンタインだね(*^^*)

大好きなあの人に思いを贈りたいのなら、まずはメイクをきちんとすることが大事。

なぜなら今年のバレンタインは、金星が牡羊座、月が天秤座を運行中のため、牡羊座に象徴される顔部分を美的にしておくことが、恋愛運アップに強力に働く星回りだからなのね。


まずは肌。前日の夜にフルーツ成分配合のものか、いつもよりリッチなパックをして、お肌の潤いを良くしておくこと☆


メイクは品良く優美にまとめることがポイント。ブライト感のある下地の上に、ピンクオークル系のパウダーファンデーションが◎ もちろんシミ、くすみはコンシーラーでカバーだよ。


眉はやや長めのアーチ型(色はブラウン)。眉頭をブラシできちんとぼかし、ピンクブラウン系の三色グラデーションのシャドウに、ペンシルタイプのアイラインでしっかり描き、ナチュラルなんだけど意思のある目を作り上げて。


マスカラはロングラッシュ系を目の中央に、多めに塗ると◎ ダマにならないよう注意してね。ダマになったまつげは恋愛運をダウンさせちゃうから。


リップはピーチピンク、グロスは艶感のあるものをセレクト。チークも淡めのピンクをまるくふんわりのせてね。


最後に大きめのブラシでフェイスライン、額から鼻筋にかけてハイライトを入れ、明るさを出して。


これで「あなたは好きだけど、安く見られない女」の演出はバッチリ☆


ちなみにホワイトデー。午後から月は蠍座に移行するので、ホワイトデーの夜はアイラインをキュッと上げて(沢尻エリカ風に)、目尻部分と下まつげにマスカラを多めに塗り、小悪魔系の目元で彼を虜にしちゃおう。


オススメのマスカラはこれ。
20090120_01
ランコムのものなんだけど、ステップ1とステップ2にわかれていて、下まつげまでバッチリつくので、男を目で落とす女になれるはず☆

2009年のバレンタインは人生で一度きり。悔いを残さぬよう、思いを伝えていこう。


伝わるように伝えなきゃ、伝えたことにはならないのだから。

投稿 by アフィ | アフィ’s 開運メイク | | コメント (2)

January 19, 2009

香りで改運

柔軟剤の香り。あなたは意識して選んでるかな?


人は香りの力を良く用いると、精神的な安らぎを得られたり、落ち着いて自分自身と向き合えたり、足りないフェロモンを補えたり、やる気や行動力、自然治癒力をアップさせられるため、運の強い体質に“改運”することができるのね。


香りは色と同じ、脳に直接作用するエネルギー。


だから脳を意識しながら、開運脳にするための香りを生活に取り入れて行くことが、より幸せになる鍵となる。


香水は苦手な方でも、柔軟剤の香りなら大丈夫でしょ(*^^*)それに柔軟剤を入れないと、性格まで剛直になってサバサバならず、バサバサした女になりやすいから気を付けなくてはならない。


私オススメの柔軟剤は「ダウニー」
20090119_01

これ、とっても幸せな気持ちになれる香りなのね(*^^*)特にピンクラベルのエイプリルフレッシュの香りは愛情運に○


ドンキで売ってるから試してみてね☆


人は、体臭、香水、整髪料やアフターシェイブ、化粧品やシャンプー&リンス、そして衣服の匂い、これらのトータルバランスで、自分の香りを構成する。


そして、衣服の香りが恋の始まりに与える影響は極めて大きい。

なぜなら、服を脱ぐに至るまでの間に、いかに相手の恋愛本能をくすぐり、心を惹き付ける香りを放つかが、恋の行方を決めるから。


清潔と良い香りは、愛情運をあげる基本なのだ。


もちろん香りのつけすぎは×だよ。なんでもやりすぎは運を下げる。
愛しすぎ、ヤキモチ焼きすぎ、束縛&干渉し過ぎ、尽くしすぎ、ほっておき過ぎ、遊びすぎ、働きすぎ、求めすぎ。


晴れた休日には洗濯をして、太陽神に向かって干そう。
20090119_02
汚れと一緒にキレイになった心に、新しい運は運ばれてくるものだから。


週末晴れますように☆

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (0)

January 18, 2009

大不況でも幸せをつかむために

お知らせです☆


先日TBSで収録を行った「Goro's Bar」ですが、私が出演した回は29日ではなく、今週の木曜日、22日の23時55分~からの放送に変更となりました。2009年の運を強めたい方は、是非ご覧になってください。


それから今発売中の「MISTY」では、恋愛運を上げるメイク指南をしているのでチェックしてみてね♪


また、2月14日にマキノ出版より著書を出版します。コチラも幸せをつかむための秘術満載の本になっているので、参考にしていただけたら嬉しいです(*^^*)


そう、幸せもチャンスもつかみに行くもの。歌にもあるでしょ。「幸せは~♪歩いて来ない♪」ってね。


時に人の力を借りながら、幸せに向かって自らの足で歩いて行くのが人生。


そしてどんな時でも、どんな状況下にあっても、必ずその中にある幸せが存在する。


ところが、得ているものに目を向けようとせず、ないものばかりを数えていると、幸せへの道からどんどん外れていくことになる。

世の中は不景気。我々一般大衆は、ないものに嘆きやすいご時世。私自身も不況のあおりをもろに受けている。


でもこんな時代だからこそ、お金や物にはかえられない大切なものや、かけがえのない人の有り難みに、改めて気づけるのではなかろうか。


私たちは、幸せの価値観を見直す時に来ている。


世の中は変わったのだ。


物質で得られる幸せには、限界がある。物はしょせん物でしかない。反対に精神的な幸せには、限りなどない。


「人は自分の心次第で、いくらでも幸せになれる」ということを、これからを生きる私たちは忘れてはならない。そう強く私は思う。

散歩は0円。澄んだ空は青く、風が冬という季節を味わわせてくれた。
20090118_01
冬には冬の良さがある。

時勢は冬。お金をかけなくたって幸せ。そう思えるもので、自分を満たす術を覚えていこう。


春はいずれ必ず訪れる。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (3) | トラックバック (0)

January 17, 2009

心の偏差値

銀行のキャッシュカードを落としたら、拾って警察に届けてくださった方がいらして通知が来た。


ありがたいことだ。


一言お礼を伝えたくて、手紙を出した。


私も落とし物を見つけたら、ちゃんと警察に届けてあげよう。そう心から思ったよ。それが形を変えた恩返し。


こうやって、受けた恩や優しさを世の中に循環させていくことが、人として大切な行いであり、運を強くする秘訣なんだよね。


なぜなら人は支え合いながら生きていくものであり、誰かの助けになるようなことをしておくと、いつか自分がピンチになった時、必ず救いの手が差しのべられるように出来ているから。


人生には、そんな因果の法則が存在する。


「人」という字の作りを良く見てみて。2本の棒が互いに寄り添って立っていることで安定感を得ている。1本だけならグラグラして倒れやすいよね。

これは、支えや助けがあってこそ人は成り立つということをあらわしている。

それから2本の棒の“しなり”。このしなりは「人と共に生きていくためには、柔軟性と心のやわらかさを持つ必要がある」ということを教えてくれてるんじゃないかな。こちらから折れたり、歩みよったり、許したり、許されたり。


人生は毎日が勉強だ。人として生きるために、忘れてはならないことの勉強をしていこう。


人間は、心の偏差値が一番大切なのだから。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (2) | トラックバック (0)

January 16, 2009

より良い関係を築きたいならば

うちのボン吉が幼稚園でどんな様子かを見学。
20090116_01

ちゃんとイイコにレッスンを受けていて、ママは嬉しいよ(*^^*)。
20090116_02

とにかく幼い頃からいろんな所へ連れて行き(ワクチンが終わってから)、一度きりの人生ならぬ“犬生”を謳歌することを覚えさせ、人との触れあいに慣れさせたせいだろう。めちゃめちゃ人懐っこくて愛らしいキャラに育っている。


室内犬の愛玩犬に興味なかった人も、ボンにはメロメロ。


行きつけのペットショップでも、おとなしくてコケティシュなボンはちょっとしたアイドル的存在なんだそうだ(息子自慢するバカ母でごめん)。

幼稚園の先生がこうおっしゃっていた。「飼い主さんが叱ってばかりいるワンちゃんの眉間には、シワが寄ったりするんですよ。飼い主さんの言動がワンちゃんに与える影響は大きいんですよね。」と。


そう私も、途中までボンを叱って育てていた。特にトイレ。


でも叱ると相手は隠れてしようとしたり、証拠隠滅をはかったり、かえって意地になったり…。あんな小さな体して結構頑固だったりするわけよ。だから褒めて育てる方法に変えてみた。

幼稚園の教育方針が「どこにいっても愛される子になるための、褒め指導」だったのも大きい。


そしたらものすごくイイコになって来たし、互いにいい関係が築けるようになれた。私の仕事と生活のリズムを理解したらしく、早朝から起こしてくることがなくなった。お留守番もおとなしくしているし、トイレも80点は合格。


褒めて育てることは、関係を育むことになるんだよなぁ…。


これは人間関係にも同じことがあてはまる。子供も彼氏も旦那も部下も、上手に褒めてあげればあげるほど、快の感情をもっと味わいたくなって、良い部分がどんどん育っていく。そして、二人の関係にそれがプラスに働くのだ。

振り返ってみて。

恋人に文句や不満ばかり言ってこなかった?

旦那さんへの感謝の気持ちを、ちゃんと言葉にして来た?

部下の良さを見つけて、きちんと評価してあげている?

相手を見下したり、軽視する態度を取らなかった?


過去にさかのぼって己の姿を見つめてみよう。


より良い関係を築くために。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (0) | トラックバック (0)

January 15, 2009

適齢期

このブログを読んでくださる方の中には、プロの占い師の方も、占い師を目指して勉強中の方も、また、占い師の助けを借りている方も、占い師なんてうさんくさいと思われている方もいらっしゃるんじゃないかな?


占う側も占われる側も、忘れて欲しくないのは「人生とはその人自身のものであり、自己の責任にもとづいて、自らの手で作り上げるもの」ということ。


これを頭に入れておかないと、占う側は「意見の押し付け」「自己満足のための説教」をし、占われる側は「他力本願」「自己無責任」で生きるようになってしまう。


だから私は、まずホロスコープと命盤、人相を良く見て、その方の心の声に耳を傾けてから卜占で占い、吉凶・禍福を判断するという手順をふんでいるのね。


口から出る言葉の奥にある思いを聞くこと、そして、その人なりの幸せの価値基準を知ることも、大事な大事な筮前の審事だから。


思うに、古い価値観を持つ人ほど「普通は」とか「世間体」とか「適齢期」といったものに縛られ、それを人に押し付けやすい。特に結婚適齢期。そんなもの、人それぞれなのに。


20代が結婚適齢期な人もいれば、アラフォー結婚の方が幸せになれる人もいるわけで。形にこだわらない魂の結婚運を持つ人もいれば、再婚で素敵な人に恵まれる運にある人だっている。

適齢期が人それぞれなのは仕事も同じで、若くして天職に巡りあえる人もいれば、適職や好きなことを長く続けて年を重ねていくうちに、それが身を結ぶ人もいるし、本当にやりたい仕事を見つけたのは定年後だったなんて人も、子育てが一段落してからビジネスの才能に目覚めたという人だっている。


運命の仕事に出会える適齢期もまた、人それぞれなのだ。

だから焦らないで、慌てないで。「余計なお世話」に自信を奪われないで。


時に会えるその日に向けて、自分を育てていこう。


適齢期は誰にでも必ずある。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (2) | トラックバック (0)

January 14, 2009

ことわざから知恵を得る

私は今、裁判員制度についての勉強をしている。
20090114_01
「これでわかる!裁判員制度(実業之日本社)」

この本、分かりやすいから皆さんも是非読んでみて(^-^)

まさか自分には来ないでしょ~なんて思っている人に限って、その役割がまわってきたりするもの。

そう人生には“まさか”が訪れる。

だから、いろんなことに対して備えておくことが大事だし、その備えが不安をなくしてくれるのだ。


それが「備えあれば患えなし」


数ヶ月前、ここで「備えあれば憂いなし」と書いたことがあるんだけど、辞書で調べたら、「憂い(うれい)」ではなく「患え(うれえ)」でした。ごめんちゃいm(__)m


患えなしの患とは、苦しみのこと。


そうだよね。患部は痛いとこだし、患者は病んでる人だもの。


あらかじめの準備が、苦しみや痛みや不安を軽減するという生きる知恵を、古人はちゃんと言葉にして遺してくれているんだよなぁ…。


ありがたやありがたや。

だから、ことわざや四文字熟語を知っておくと、めちゃくちゃためになる。


特に今の日本は、国語力が問われている時代だしね。

ことわざ、成句の勉強ならこの本がオススメ。
20090114_02
「明鏡ことわざ成句使い方辞典」


ちなみに「情けは人のためならず」これは私の一番大好きな成句。

間違えないでね。これは「情けをかけることは人のためにならない」という意味なんかじゃないよ。「かけた情けは、結果的に自分に返ってくる」ということ。

そして、なるほどだよなぁ~と思うのが、


何事も、経験してみなきゃわからないものだなと感じた時の「馬には乗ってみよ 人には添うてみよ」


横領や脱税、詐欺などで逮捕されたというニュースを見た時の「悪銭身に付かず」


口だけ調子いいこと言って陥れようとされた時の「口に蜜あり腹に剣あり」


あの時こうしていれば…と思った時の「後悔先に立たず」


モンスターチルドレンや、モンスターペアレントに遭遇した時の「この親にしてこの子あり」


私利私欲に走り、目先の利しか見えなくなっている人に会った時の「鹿を追うものは者は山を見ず」


いいことの後に悪いことが起きた時の「楽あれば苦あり」


そして、恋をした時の「目は口ほどに物を言う」


深いよなぁ…。深すぎると思わない?

「飼い犬に手を噛まれる」なんてことにならないよう、私は気を付けよっと(笑)

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (2) | トラックバック (0)

January 13, 2009

しあわせにならなくてはいけない理由

転んで膝を打った(>_<)
20090113_01

イタタタタ~ アザになっちゃったよ(;_;)


ちょうど今、うちの母も右膝関節を痛めてる。従姉妹もみたい。従姉妹ブログを読んだ母が教えてくれた。

親子して(従姉妹も)同じ場所だなんて、これには意味がある。そう感じた私は、それが何なのかについて考えてみた。


入院してるハルモニ(祖母)だ。

ハルモニが手術したのも右足。


これは絶対神様&ご先祖様からの思し召しに違いない。「お祖母さんの痛みを分かってあげなさい」というメッセージ。


ハルモニの痛みが私に来て、少しでも楽になってくれますように…。心からそう願った。


そしたら、母まで「これはオモニの痛みを分かりなさいという啓示よね?」と言い出したから血ってすごい。

最近の私は、いい意味でも悪い意味でも「血は争えない」ということを実感している。

究極のマイペースと負けず嫌い、インディペンデントな性格は父そっくり。


人間好きで、強すぎる感受性は母そっくり。


そして私自身しあわせになることが、両親・祖母のしあわせであり、先祖さまたちの魂を安らかにおさめることになると、改めて感じているんだよなぁ…。

私は思う。悲しい歴史を持つご先祖さまたちの流した涙は(私は在日コリアンとして生まれたからね)、私の幸せによって浄化の道をたどるのだと。


そして私が「生かされている」のはそのためでもあるわけだから、どんなことがあっても真のしあわせをつかまなくてはならないのだと。


私のしあわせは、私だけのものなんかじゃないのだ。


その気持ちに、私は「活かされている」。

しあわせとは、しあわせそうに見えるとか、しあわせといわれるカテゴラリーに入るといった、絵に描いてあらわせるようなものではない。


しあわせとは、魂からしあわせだと感じること。


だから、自分なりのしあわせの価値観を良く知って、しあわせになろう。


あなたも私も、みんなみんな、もっとしあわせになっていいのだから。


エジプトは私に、そんな生きるために一番大切なことを教えてくれた。
20090113_02


あなたのしあわせも、私のしあわせも、あの人のしあわせも、すべてこの地球(ほし)への捧げもの。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (2) | トラックバック (0)

January 12, 2009

たくさんの福が、あなたにありますように

今日は祖母のお見舞いと、新年のご挨拶のため病院へ。
20090112_01
可哀想に、大腿骨を骨折してしまった祖母は、今入院しているのだ(>_<)

「セィヘィボンマニパドゥセヨ」これは、韓国の新年のご挨拶。「たくさんの福が来ますように」という意味ね。


新年の挨拶言葉には、英語にも韓国語にも“福”が含まれてるのに、(HAPPY NEW YEARのHAPPY=福)日本のには福がない。なんせ「あけましておめでとう」だもん。 こんなご時世だけに、ちょっと違和感を感じてしまう。


だから、今年最初に顔を合わせた人には「たくさんの幸福や喜びが、あなたにありますように」そう声をかけてみない?韓国風にね(*^^*)


そうやって人の幸せを願える心が、自分に福をもたらすことに繋がるから。


反対に、人の不幸や失敗をどこかで望んでいると、その心が災いや難を引き寄せてしまう。


私自身、私を傷つけた人や、私を陥れようとした人に関しては、まだまだ心から福を願えない自分がいるしね。もちろん不幸を願っちゃいないよ。


ただ、風の便りで不運を聞けば「因果応報」だと感じてしまうし、幸せな噂を耳にすれば「あの時のツケを払ったからなのかしら?」と思わなくもない。


ここを超えなきゃね。そうしないと魂のレベルがいつまでも上がらない。これが、今後の私の課題。

セィヘィボンマニパドゥセヨ、セィヘィボンマニパドゥセヨ。まるで魂をおさめ、浄化させてくれる魔法の言葉のよう。

純粋に人を思う気持ちを、これからはもっと大切にしたい。祖母を見舞う父の背中が、私に真実の愛の深みを教えてくれた。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (2) | トラックバック (0)

January 11, 2009

扉をひらく、自分をひらく

新しい扉を開くと、世界も可能性もそこから広がっていくもの。


恋をしたり家族が増えたり、またひとりの道を選んだり旅に出たり、仕事を変えたり独立したり、習い事や勉強を始めたり、引っ越しをしたり…。

どのタイミングにどんな扉を開けるか?それが、自分という宇宙を作る。


犬を飼ってからというもの、ペット関連のお店や施設を利用することが多くなった私は、新たな世界への広がりを感じているのね。

犬好きの友達が増えたのだ(*^^*)

それに、良く人から声をかけられるようになった。「可愛いですね~」「何ヵ月ですか?」「男の子?女の子?」

しがらみのない人々との他愛ない会話からこぼれる笑顔に、心癒される。


こうやって、動物を愛する人のあたたかい心に直接触れると、人間とはこんなにも自然な形で素直になれる生き物であり、どんなに高く作り上げた心の壁も、どんなに強く心を締め付けている鎧も、取り外せるということを信じられる。


“犬”という鍵を使って、開けた扉の向こう側の世界で私が得たものは、はかりしれない。


こんな風に、人はいくつになっても開けたら変われる扉を持つのだ。

今日ランチタイムを一緒に過ごした女性もそう。「秘密の恋」という扉を開けた途端、彼女は大きく変化した。

メキメキと美しくなったし、仕草もオーラも体つきも女らしさが増した。彼の仕事のサポートを考慮した上での資格試験にもチャレンジするそうだ。まさに恋はミラクル。

おおっぴらにいえない恋だけに、悩みも苦しみも深いに違いないのだが、またそんな心に落とした影が憂いとなり、しっとりとした色気をかもし出している。

もしこれが、なんの問題も障害もない恋だったら、おそらくこんな匂いたつような色香は生まれなかっただろうし、資格を取ろうという気持ちも芽生えなかったかもしれない。


おそらく彼女は、大人の女性になるためのドアを、自らの手で開けたんだね。

どんな扉を開けて、どんな世界を拓き、どんな自分に出会い、どんな女になるか?それは、自分の意志ひとつで決まる。

次に開けるであろう扉を、あなたも想像してみよう☆

これは、今日購入したリード。
20090111_01
ヒョウ柄の首輪は良くあるけど、リードでではめずらしくて一目惚れ(*^^*)


こだわりあるペットグッズをお求めの方は「GERMAN PET HOUSE」へいってみて☆
20090111_02

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (6) | トラックバック (0)

January 10, 2009

評価すべきものは

親しい人との付き合いの中で私が大切にしているのは、「互いの選択を評価し合うのではなく、認めて称え合う気持ちを大事にする」ということ。

だって、自らの手で築き上げた世界の中で、自己責任のもとに生きているのが大人なんだもの。


結婚(離婚)してもしなくても、子供や恋人がいてもいなくても、仕事に生きようとも家庭に生きようとも、自らで選んだ道を歩いたり走ったり、時に立ち止まったり迷ったり、つまづいたりしながら、自分の足を前へ前へと出していくのに誰もが一生懸命。


それなのに、自分とはあいいれない世界に生きている人を、無意識のうちに評価し、蔑んだり批判することで、自分の選択した道の肯定をはかろうとしがちなのが人間。

そんなことでしか自己肯定感を得られないのだとしたら、人間とはなんと哀しい生き物なのか。

だから私は、哀しさに毒されない優しさを得るために、友や親しい人に対してアドバイスや意見を言うことはあっても、「評価する」という意識だけは、なるだけ持たないように心がけてるのね(ビジネスは別)。


それが、大切にしたい関係を守る礎(いしずえ)となるから。


そしてそれは、相手のいいところを探すという行為に繋がっていく。

人の悪いところや、弱点をあげつらねることに長けるより、人の長所を見つけ出す能力を養っていく方が、人として女として豊かになれると思わない?

質の良い人生とは、心が豊かであってこそ作られる。

大切なのは、他人を評価づけることよりも、評価してあげられる自分に向かって突き進んでいくこと。


そのために、何を持って自己評価とするかについての認識を、日々深めておきたいものである。

自画自賛だってなんだっていい。自分の評価に値する人生をクリエイトしていこう。たった一度の、自分だけの人生なのだから。

20090110_01
本日のボンきっつぁん(笑)

よいっぱりのオヤジみたいでウケない?

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (2) | トラックバック (0)

January 09, 2009

こくまろな自分になる

溜めてしまった仕事のせいで、わたくし只今テンパり中(+_+)


「忙」とは“心”を“亡くす"と書くだけあるね。人は忙しいと、どうしても雑になったりうっかりしたり、焦ったりそそっかしくなったり、思いやりに欠けたりイラつきやすくなったりするため、言動に心をこめることを忘れがちになる。

どんなに忙しくとも、心を大切にする。そんな自分でありたいのに、私もまだまだだね。テンパると、いつもならあり得ないようなことを口走ったり、相手の気持ちや立場を考えない行動をしてしまったり…。


もっともっと人生修行しなければ。そう反省している今日この頃。

自分を見失いそうな時、一番大事なのは、とりあえず今、目の前の問題や事柄に集中することなんじゃないかな。


すべきこと、やらねばならぬことをコツコツと地道にこなして行けば、やがて荒波はおさまり、凪の日が訪れる。


詰まっていたことには風穴が空き、先行きが暗かったことには見通しが立つ。なぜなら、諸行は無常。今が永遠となることはない。

そうやって、希望を持ちながら時を待つことも、人間として成長するために必要な修行のひとつなんだよなぁ…。

待たされてる時間には、意味がある。そして、待たせている時間にも、理由(わけ)がある。


起きたことの意味という味を、じっくりと味わいながら、コクのあるまろやかな女に自分を深めていこう。


また会いたいと思われる人、忘れられない人、存在をそのものを愛される人、
そして、いくつになっても輝き続ける人になるために。


私も頑張ろ。


20090109_01
ちなみに、私の携帯待ち受けは日の出☆日の出は上昇運ゲットにプラスなので、運を上げたい人は参考にしてみてね(^.^)

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (0) | トラックバック (0)

January 08, 2009

幸せ探し

人は自分がその立場に立った時、初めて、相手の気持ちを本当の意味で理解出来るのかもしれないね。

だから、いろんな立場の自分を経験しておくことは、自らを「人の気持ちが分かる優しい人間」に育てる助けとなってくれる。

そして、どんな痛みも苦しみも、どんな怒りも悔しさも「これからの自分の在り方探しのために必要な経験に過ぎない」と思える気持ちが、人間に深みと温かみをもたらすのだろう。

過ちや失敗を恐れずに突き進む強さが、私は欲しい。

エジプトに行ってつくづく感じたよ。いつから私は、こんなに守りの強いガチガチ人間になってしまったのかと。


過ちは真実に気づくための糧に、失敗は成功の糧に出来たなら、過ちも失敗も“幸福の前半分"に過ぎないというのに。


このままでは“私らしさ”が損なわれかねない。

年を重ねても、臆病という可能性を奪う病にだけはならないようにしていこう。そう自分に誓った。

人は思い込みの自分らしさに縛られたり、他人から“らしさ"の強制されると、枠という牢屋の中でもがき苦しむこととなる。それは、真綿で精神をじわしわと絞めつけられていくのと同じ。


だから、自分らしさとは何かをよく考える必要があるんだよなぁ…。

それが分かりさえすれば、自分らしく生きるためにすべきことや、手放さなくてはならないもの、我慢すべきことや譲れないものが自ずと見えてくる。


今年の私は、精神的な幸せの価値を、もっともっと深く探っていくつもり。


あなたも私と一緒に見つけていこう。


人生は一生、幸せ探し。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (2) | トラックバック (0)

January 07, 2009

価値観の見直し

皆さん、ただいまです☆


時差ボケは全くないのだけど、心がほおけてる私。


これがいわゆるカルチャーショックとやらなのか?言葉にいいあらわせない、歴史と現実が与えた衝撃に、頭と心がコンフューズ。

目を閉じれば、エジプトで見た様々な光景が脳裏に浮かぶ。


砂漠を素足で歩いた自分。
20090107_01


10才にもならない子供が、家族を養うために、水や手作り人形を観光客相手に必死に売ろうとする姿。


そういえば、私が乗ったラクダを引いてくれたのも、幼い子供だった。
20090107_02


そんな子供たちも、ロバに乗って農地を走るおじさんも、「ワンダラ、ワンダラ(1$、1$)」といって、パシュミナや絵はがきセットを差し出すガラベーヤ姿の男性も、みんなみんな、その日を暮らしていくために一生懸命。


もちろん私だって、悲しいほど一生懸命。

またエジプトでは、心ない観光客たちの姿にもたくさん出くわして来た。

あれほど入場前に厳しい手荷物チェックを受けているにも関わらず、平気で撮影禁止の世界文化遺産にカメラを向ける西洋人男性。


もろけやすい壁画や像に、遠慮なくベタベタと触る東洋人の多さにびっくり。


厳重体制の考古学博物館のミイラ室で、ラムセス二世に向かってシャッターを切っている白人男性までも。

これにはさすがに頭に来て、思わず「no!shutter!」と叫んで注意したよ。したら笑顔で「OK」といってやめようとしない。アンビリーバブルである。


まったく、世界が残した遺産をなんだと思ってるんだろうか。

モラルとはなにか?

正義とはなにか?

善悪とはなにか?


また、幸せとは?人生とは?家族とは?愛とは?大切なものとは?


そして、これからの私はどう在りたいのか?

今、改めて考えてみようと思う。

やらなくちゃいけない仕事がたまってるけど、こんなタイミングの時こそ、自分と対峙する時間を大切にしなくては。

目先のことに追われたり、責任を負いながらも、大切なものを見失なわないための心と気力を持つ。これが、輝かしい未来を拓くために必要なことだと思うから。

こりゃ土曜日までは徹夜だね(+_+)
ボンよ、ママを癒してくれ~
20090107_03

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (5) | トラックバック (0)

January 06, 2009

エジプト最終日

最終日の今日は、エジプトらしいものを紹介☆

まず食べ物。エジプト料理は日本人の舌に合うことで知られてるのね。


こちらはとにかくパンが美味しい♪
20090106_01
特に中が空洞のアエーシというエジプトパン。薄くてモチモチしていてかなりイケる。


タヒーナ(胡麻のペースト)やホンモス(ヒヨコ豆のペースト)、ババガヌーク(焼きナスのペースト)を塗ったり、ターミーヤ(空豆のコロッケを中に挟んで食べるのがエジプト流。
20090106_02
20090106_03

あとは、クレオパトラの美容の元となったといわれているモロヘイヤのスープ。コフタ(細長いミートボール)、バルブーニ(ヒメジのフライ)などの魚料理が名物。
20090106_04


お土産No.1は香水ビン。
20090106_05
エジプトは香水発祥の地なんだよ。


エジプトならではの香りは蓮で、蓮の香水は法律で一切の輸出が禁止されているんだそう。国外に出したくないくらい貴重であり、愛のしるしとされる香り。
20090106_06

すんごい甘くていい匂い。愛をあらわす香りだなんてロマンチックだなぁ(*^^*)

香りは美容のひとつであり、恋愛運に与える影響が大きいため、吟味して選びたい。


あとはラクダグッズ。
20090106_07
歌って踊るラクダのぬいぐるみは、うちのボンきっつぁんへのお土産。帰ったら息子孝行しないと。原稿の校正もやらなくちゃ(*_*)休み明けは仕事がたまる。これが難点。

鑑定は14日からの開始になります。2009年の運命を知りたい方はコチラでね☆

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (6) | トラックバック (0)

January 05, 2009

スカラベとオニキスで強運になる

縁起がいい、気の流れを良くする、運をもたらす、などのいわれあることは、なるだけ進んで行うようにしてるのね。


人間とは暗示にかかりやすい生き物。だから、今日は大丈夫と思える何かや、こうやっておいたから運が味方してくれると信じられること、ここに来たらいいことがあるに違いないと感じられる場所、これを持っていれば守られるという物、そんな存在や行為たちを味方につけたり、習慣にしておくことで得られる安心感が不安を和らげ、自信をもたらしてくれる。その心が、ツキを招く。


20090105_01
エジプト最大級の神殿・カルナック神殿には、その周りをぐるり歩くと、欲しい運がゲット出来るといわれているスカラベの彫刻があるのね。

スカラベは、願いを叶えてくれる縁起の良い虫。
20090105_02
まわる回数は願いによってそれぞれ。


ラッキーが欲しいなら一回、お金なら二回。三回なら結婚、五回なら子宝、七回なら幸せに恵まれるそうだ。


もちろん、私もぐるぐるまわってみた(^o^)

そうそう、エジプトはパワーストーンの文明発祥の国なのね。こんな色のマラカイトの現物、初めて見た☆
20090105_03
20090105_04
しかもこちらの石はクオリティーが高く、値段が安い。パワーストーンは石の質が良くないと、残念だけど効果もそれなりでしかないのね。だから小さくても、純度の高いものを選びたい。


ちなみに幸運を招くラピスラズリ、邪気を祓い洞察力を高めるマラカイト、そしてトルコ石がエジプトの象徴的なパワーストーン。


そろそろ旅も終わりに近づいてきた。あと1日、エジプトからたくさんのエネルギーをもらって日本に帰ろうと思う。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (2) | トラックバック (0)

January 04, 2009

死者の裁判

死後の世界ってあると思う?

「死は、終わりであり始まり。魂が次のステージに行くための儀式。」そう考える私は、現世での在り方が、来世に与える影響は大きいと思っているのね。

死後の世界とはいったいどうなっているのか?

この疑問に対する答えを、最初に体系的にまとめたのが古代エジプト人といわれている。


そして死んだ後も、来世において現世とまったく同じ生活ができるという考え方をしており、それゆえミイラにしたり、死者の家となるお墓に死後の生活に必要なものを一緒に埋葬したのである。

今日はファラオ(王)の墓所である「王家の谷」へ。
20090104_1
これがツタンカーメンのお墓。
20090104_2
中には生ミイラも眠っているんだよ。


「死者の書」と呼ばれる文書によれば、死者はあの世に行くとまず裁判にかけられるとのこと。そして神々の質問に答え、罪のあることやないことを宣言、審理を受ける。


死者の心臓と真実をあらわす羽を秤にかけ、釣り合えば良し、釣り合わなければその心臓を怪物(アメミト)に食われてしまい、死者は永遠の命を得ることが出来なくなる。


つまり、悪い魂は永遠の命を得ることが出来ない=再生復活出来ない=この世の死をもって魂を失ってしまうというわけだ。


魂を失うか失わないかという話は別として、この世の行いを如何によって来世が決まるという確信を私が持っているのは、生まれ変わりとしか思えない命の誕生や、死者からのメッセージが聞こえたという人がまわりに多いせいもあるのね。


「今世のツケは、絶対来世で払わなくてはならない」もしかしたらその恐怖心に、私の中の悪魔は制されてるのかもしれない。そう感じる気持ちに私は助けられてるのかもなぁ…

死者の裁判にかけられた時、自分に恥じないような、そんな人生を送っていこう。

自分に恥じて死ぬ。こんな情けなく悲しく、救われないものはないのだから。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (0) | トラックバック (0)

January 03, 2009

エジプト占い&美容ルポ

“満天の星空"とはこういうことをいうのだろう。そう思えるくらい、都市から離れたエジプトの夜空は美しい。


オリオン座も金星も流れ星も、驚くほどハッキリ見ることが出来る。

幼い頃から星々や惑星たちに惹かれ続け来た私は、本当に良くプラネタリウムに行ったし、小学生の時には天体望遠鏡をせがんだものだ。


もしかしたら私は、星に導かれて占い師になったのかもしれない…。そんな私の原点を思いおこさせれてくれる夜を、ここエジプトで過ごしている。

今日は、アスワンから北へナイルを46km下ったところに建つコム・オンボ神殿へ。この神殿には、世界最古のカレンダーのレリーフがあるのね。


20090103_1
良く見てみて。Uの逆が10を表し、Ⅰが1。だから上から26日、27日、28日~。


エジプトでは、かなり古い時代から天文学の研究が進んでいたということが、遺跡の至るところでうかがえる。これは大変興味深い。

ちなみにエジプトらしい占いや占い事情について、今回通訳&アテンドしてくださっている親日家のアハマドさんに尋ねてみた(^o^)
20090103_2

やはり「コーヒー占い」だそうだ。


コーヒー占いとは、飲み終えたコーヒーカップの底に溜まったかすの形で占う象占。


飛行機のように見えたなら、海外や旅、外国人との恋愛や貿易に携わることの予知となるし、数や文字に見えた場合はそれが何かしらの啓示や警告、ヒントになる。


もちろんホロスコープ(西洋占星術)は、こちら本場だけに最もポピュラー。


それからエジプト美容。美容といえばクレオパトラ。そのクレオパトラが愛したのは、ココナッツと泥パック(他にもたくさんあるけどね)。
20090103_3


ココナッツと真ん中の泥は全身パックに、一番右の赤い泥はフェイシャルに使うんだけど、赤泥を筆で顔に塗ってしばらく置くとカピカピになって(まるで顔面ミイラ)、洗い落とした後には毛穴の奥までディープクレンジング出来るのね。しかも超つるつる肌になるんだよ(^o^)

こうやって歴史に密着した旅をすると、時代は変われど女は愛と美、男は権力を求める生き物だということを実感させられる。


そして、どんな人でも必ず老い、死を迎えるということも…。


1日1日、一期一会を大切にしたい。そう改めて思った私なのでした☆

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (2) | トラックバック (0)

January 02, 2009

強さの後ろ側

私は今、ルクソールから南に200kmのところにあるアスワンのナイル川沿いに滞在している。
20090102_1


この辺りは、かつてヌーバ族という黒人が支配してしていたため、街にはヌビア人といわれる色の黒い人が多いのね。

ヌビア人は非常に人懐っこく愛嬌があり、無邪気な顔して「オッパピー」「ソンナノカンケイネー」「ラーメンツケメンボクイケメン」と言って日本人を笑わせる(^.^)


日本のお笑いが、国交を良くする文化になっていることを実感したなぁ。


フルーカといわれる白い帆のヨットに乗りながら、ナイル川で魂の浄化をした私。
20090102_2
ちょうど金曜日だったこともあり、集団礼拝の前のお清めにと、川で体を洗っているヌビア少年を見かけた。


前にも何度か書いてるけど、水には身を清めてくれる浄化作用がある。

神社やお寺を参拝する前には、清め所の水で必ず手を洗うのが日本の習慣。ここではナイル川。


人が浄化に水を使用するのは、時代も人種も関係なく同じということなのよね。

私がお風呂好きで、スパに良く行く理由はそこにある。


心の汚れである“穢れ”を落とし、澄んだ精神を持ちながら生きていきたい私にとって、水のエネルギーを吸収する時間は欠かせない。


もちろん、ナイル川の水にも直接触れてみた。水は柔らかく、あたたかく、心にゆるやかにしみ入って来た。


20090102_3
私は思う。

人間とは、煩悩や多欲などの三障四魔に毒されやすいものだと。人を恨んだり妬んだり、怒ったりエゴに走ってしまうのは、いたしかたないと。

しかし、それらの悪魔的感情の支配下に心がある限り“本当の自分を生きること”からどんどん遠ざかる。


幸せとは、そうやって逃げていく。

だからこそ、汚れてしまった心を洗う浄化や流しといった行為が大事なんだよなぁ…。

侵略に侵略を重ねらながらも、祖国を愛するという強い思いに支えられ、その結果、これだけたくさんの世界的文化遺産を残し、維持し、国力を強めていった国、エジプト。

そんな強さの後ろにある浄化の涙を、私はナイルに見た。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (4) | トラックバック (0)

January 01, 2009

八方塞がりと感じた時は

A HAPPY NEW YEAR!!

皆様、今年もよろしくです(*^^*)そして素敵な年になるよう、心から願ってますね☆


今朝は早朝からアスワンに飛び、ナイル川から初日の出を見た。


古代エジプト人にとって、東から昇る太陽光を浴びるということは、再生復活を表すといわれていたのね。


だからスフィンクスも、ラムセス二世の巨像で有名なアブシンベル神殿も、朝日の当たる方向を精密に計算して作られている。
20090101_1
20090101_2

これは、昇っていく太陽には物凄いパワーが宿るということの証。


東洋占術の世界でも、日の出の太陽の方角を表す震宮には「発展」の意があるからね。


だから私は朝型人間。お天気の日は朝早く散歩に行き、太陽エネルギーをたっぷり取り込むようにしている。もちろん紫外線対策はきちんとしてから。


エジプトであれ、中国であれ、人類の古い古い祖先たちは、皆同じようなことを吉としているんだよなぁ~。形や象は違えども。

だからこそ、そんなこと意味ないじゃんなんていわずに、歴史が残している運や気の流れを良くするための方策は、積極的に実践した方がいいと私は思うのよね。もちろんミイラになるとは言わないよ(笑)


そして、太陽があること、大地があること、雨が降ること、空や海や川の存在に感謝する心を持つ。


その心が、なんでもないように思えることから感じる“幸せ受信力"を深めてくれるから。


幸せを感じる能力とは、そうやって養われていく。

不平不満や愚痴、人の悪口ばかりいう人は、そんな幸せ受信力が乏しいから、そんな風になってしまうのだ。


たとえ今、八方塞がりでも、空を見上げ、大地に目を落とし、朝日を感じてみて。

あなたは八方なんて塞がれていない。空も大地も、限りなく広がっている。


そして、日の出の太陽はいつも優しく微笑みかける。「明けない夜はない。陽はまた必ず昇るものだよ」と。


砂漠はそう私たちに語りかける。
20090101_3

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (6) | トラックバック (0)


サブコンテンツ一覧

プロフィール

name:アフィ

about afi:タロット、易、人相学、西洋占星術、紫微斗数などの様々な分野の占いに精通。また、開運メイク&開運ネイル、開運ファッションを独自の視点から提案し、20-30代の女性を中心に絶大な支持を得ている。特に恋愛については高い的中率、親身で的確なアドバイスなどに定評があり、女性誌やテレビなどの掲載・出演多数。心も体も豊かに、日々前向きに生きながら、人生を楽しむことをテーマにした指導を行うセラピストとして活動中。著書は「恋が上手くいかない理由は全部顔!(講談社)」「LOVE LOVE MAKE(実業之日本社)」「幸せをつかむ『魔法の手』の作り方(マキノ出版)」。[オフィシャルブログ 強運スタイル]http://ameblo.jp/loveafi/

最新情報



【イベント出演】
8/7(日)東京ビッグサイトにて開催 『癒しフェア』にて「顔相&開運メイク」の講演出演決定!

【イベント出演】
ノースリーブスさん(AKB48)の7枚目シングルCD『唇触れず…』新曲発表イベントにて、メンバーの方々の顔相を観ました!

【雑誌“Chakra”記事連載】
これであなたも“占い師”の仲間入り! Chakra占い教室

【開運メイク&ネイルコラム連載】
癒しスポット検索「ヒーリングiタウン」連載!
毎月第3金曜日更新!


【監修コンテンツ】
アフィ・運命のセラピスト」に新メニューが登場。
ふたりを結ぶ「運命の赤い糸」~出逢いの意味、真実の相性、あの人の抱く本心から、想いが重なる日まで



【監修書籍情報】
『幸せをつかむ「魔法の手」の作り方』
好評発売中!
定価:1300円(税込1365円)


【ムック本発売中】
マキノ出版発行
お金に好かれる
「幸運財布」の作り方

お金にも異性にもモテモテになる星座別「財布の色・形」を公開!

オススメ占いサービス

宇宙のトリニティー・アストロロジー
宇宙のトリニティー・アストロロジー宇宙のリズムに合わせて生きれば、心・身・魂がひとつになる。心・身・魂がひとつになれば、本当の幸せが見えてくる……。あなたの悩める魂を解放し、希望の光がさす方へと導きます!
アフィ・運命のセラピスト
アフィ・運命のセラピスト「運命は変わります。あなたがそうしたいと望むなら――」。対面鑑定の現場で30代、40代女性の声に耳を傾けてきたアフィだからこそわかる、あなたの悩み・不安に対する「本当の答え」と「真の解決策」。さあ、人生を変えるヒントはここにあります!
韓国伝統占術 宿命と運命の系譜
韓国伝統占術 宿命と運命の系譜近いようで遠い隣国より四柱推命と易爻の理念を踏襲した秘訣をお届け。古代から伝承される神秘が映すのはあなたの真実と…希望。黒門+アフィ監修。
ラビリンス・スコープ
ラビリンス・スコープ迷宮を抜け出す扉はどこ?運命に迷う時、紫微斗数星占術とタロットが融合した不思議と謎に満ちたカード占い。

このページの先頭へ戻る