運命セラピスト アフィの“運は自ら掴むもの!”

afi style



バックナンバー:June 2009

June 30, 2009

愛の無常

おとといブログの続き☆

「愛はコンプリートされないからロマンティックなのである」


これも、公開中の映画「それでも恋するバルセロナ」で印象的だった言葉のひとつ。
(訳し方や解釈に多少違いあるかも)



コンプリートは完成。


何を持って完成とするかは人によりけりだが、人は心がこれで完成と決めた瞬間から、そこにかける情熱を失い、崩落への恐れにロマンを壊されたり、維持や保持にエネルギーを奪われたり費やさざるを得なかったり、新たなる熱や刺激を求めずにはいられなくなったりするのではなかろうか。



そこで生まれるのが、不満感や焦燥感、倦怠感や虚無感、目移りや浮気心といったものたち。



それが、悪魔の誘惑を引き寄せる。





まあ人は悪魔に心酔して、手を切る苦難を乗り越えてこそ、強そうで弱く、弱そうで強い己自身に気づけるわけで、そこでやっと手にできるのが、健全なる自尊心と健全なる謙虚さだったりするんだけどね。



そうやって私たちは、経験を通して、人間という生き物とはなんぞやということを学んでいく。




それなのに、競争に勝つための学びばかりにとらわれ、人間そのものを学ぶことをおろそかにしがちな今の社会。


その結果、勝手に人間を美化しすぎて落ち込んだり、卑下しすぎて卑屈になったり、人としてのあり方を問われるような事件ばかりが頻発したり。







私は思う。

天と地の間にある人は、人以上でも人以下でもないと。


そして、追いつめられたり壊れたり、病んだり自分を見失ったり、満たされたり愛されたり許されたりしたら、どんな自分が出てくるかなんて、自分ですら予測できないブラックボックス、それが人間なのだと。


決めつけたり枠にはめようとしたり、勝つことやステイタスを得ることで完成を手にしようが、それもまた無常でしかないんだとも。







愛も形を変えていくものなのに、なぜ形にこだわる必要があるのか?


形さえ頼りにすれば、愛の不安は拭い去れるのか?


そもそも愛の形も倫理も、十人十色なのに、なぜ自分色以外は受け入れが難しいのか?


そう感じているあなた。


「それでも心するバルセロナ」は必見かもよ☆

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (6)

June 29, 2009

共に時を刻んでいるという奇跡

お隣のワンちゃんが亡くなられた(;_;)



うちも犬が家族だし、おととし実家の愛犬を天国に送っているだけに、とても他人事とは思えない。



ささやかながら、お花をお供えさせていただいた。

20090629

イリーちゃん、安らかに眠ってね。


イリーちゃんはラブラドールの男の子。まだ二歳半の若さだった。


なんでもお散歩中に熱中症を起こし、倒れたまま意識が戻らなかったそうだ。


ワンちゃんを飼われてる皆さん。


夏場の日中のお散歩はなるだけ避けて。


夏のアスファルトは焼けつくように熱く、熱に弱い犬にとって晴れた日の真昼のお散歩は危険なのよ。



涼しくなる秋までは、早朝か、陽が沈んだあとに連れていってあげてね。




きっとお隣さん、自分を責めちゃってるだろうなぁ…
初めてのワンちゃんだっていっていたし…


そう思うと胸が痛む。




人は大切なものほど、失ってからその大切さに気づく。

それは家族やペットだけじゃない。恋人や友達であったり、信頼や信用、清らかな心や純粋な心であったり。


ああしておけば良かった。

あんなことしなければ良かった。


もっとこうしておけば、なくさずにすんだのに…


そう時計の針を戻したくなる衝動にかられたこと、あなたにもあるよね?


でも時は戻らない。



過ぎた時は戻らないからこそ、“今・この瞬間"を味わいつくしながら、“今"を精一杯生きて、過ぎ去った時を、思い出という宝物にしていくことが大事なんだよなぁ…


どんな痛みや悼み、悲しみも、時間が思い出へと熟成させてくれるから。




私もいつかボンを失う。

そしていずれ私は、自分の肉体すら失う。



限りあるものだから、命は尊い。



「共に時を刻んでいけるという奇跡を大切にしなければ」

そう改めて感じさせてくれたイリーちゃんに、心からありがとうを贈りたい。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (4)

June 28, 2009

それでも恋するバルセロナ

人と欲は切り離せない。



そしてどんなことに貪欲かは、その人の個性。




何かに守られながら確かなものを手に入れたいという欲望が強い人もいれば、不確かでも奔放に生きることを強く欲する人もいる。


また、物欲、性欲、食欲、睡眠欲、財欲、色欲、愛情欲、美欲、地位や名誉欲が強い人もいれば、自己顕示欲や自己表現欲、誰かのために生きたい欲や社会貢献欲、勝ちたいという欲や優越感を味わいたい欲、称賛欲やモテたいという欲、楽してお金を手にしたい欲や快楽追及欲、受け継がれてきたものを守りたい欲や親に認められたい欲、支配欲や独占欲が強い人も。





「自分という人間はどんな欲望が強いのか?」

目を反らさないで深く見つめてみる。

そして、

「あの人という人間は、どんな欲望を強く抱いているのか?」

心静かにいろんな角度から見つめてみる


これが、己を知り、人を理解するために必要なことなのではなかろうか。


また、欲望というのは、年齢や状況、環境によって変わっていくもので、幸せの価値観と同じように、欲望の価値観もシフトする。


しかも一つの欲求が満たされた瞬間から、別の欲求がむくむくと頭をもたげだすのが人間。


お腹いっぱいになったら眠くなり、寝て起きたらセックスがしたくなり、ことが済んだらまたお腹が空くように、

恋人が出来れば更に深い愛情を求め、その愛を永遠にしたくて結婚を望み、結婚したら子供が欲しくなって、子供が出来たら良い父親像と安定した収入を旦那に求め、さらなる幸せや良い生活を手にしようとするように、飽くなき欲望は走っていく。



人はいったい、いつになれば足り、どうしたら足り、「足るを知る」ためには何が必要なのか?


この辺りのことが最近の研究テーマだった私に、光を見せてくれる映画に出会った。

「それでも恋するバルセロナ」

20090628


「望まないものだけはわかっていた」

作品のキーワードとなるこの言葉が頭から離れない。



自分の人生に望まないもの。

それを明確に知り、納得しながら生きていくことが、ベターライフなのかもしれない。たとえ、ベストライフにならなくとも。



そんなことを考えていた、梅雨明け間近の夜なのでした。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (10)

June 27, 2009

許しを得る

今日は森林浴→神詣りへ。

神気の強い場所に根を張る大木や御神木には、人の心や魂を浄化し、生命力や内存力を高めてくれるパワーが宿っているのね。

20090627

こうやって左手で木に触れながら、手先から伝わってくる木の気を意識し、息を大きく深く鼻から吸い込み、口からゆっくりと吐ききる。

お腹の底からハートのチャクラを通過させて、足元から大地へと流す呼吸イメージをすると◎


息と一緒に吐くのは、ネガティブな感情や邪心、これからの自分のためにならない思いたち。


怒り。嫉み。執着。恨み。憎しみ。恐れ。不満。狭くて小さな心。エゴ。未練。貪欲。許せない思い。



そして木の気を通じて取り込むべきものは、

優しさ。あたたかみ。思いやり。前向き。成長エネルギー。おおらかさ。許す心。受け入れる大きさ。慈愛。などなど。




生きていると、許せない気持ちに苦しむ時ってあるよね。


その思いが生への執着心となり、生命力になることもあるが、それでは心の平穏は得られない。


たとえ“物質的質"という分野でのいい暮らしを手に入れたとしても…


許せない思いを流し、許す心を手に入れることが、本当の意味での“人生の質"を高めてくれるのではなかろうか。


最近そんなことを考えている。



許せない思いにとらわれている人は、森林浴→神詣りのスピリチュアルエクササイズに出掛けてみよう。



「自分だって許されながら生きてきた」


そんな大切な気づきが得られるかもしれないよ。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (10)

June 26, 2009

悪口の定義

愚痴や悪口というのは、聞いてくれる相手がいると尚更わき出てくるもので、同調してもらったり、求めているリアクションが返ってきたり、元気づけてもらったりしてスッキリさせると、ますます味をしめる。

だから愚痴や悪口を聞くことが苦痛になった時は、その逆を行うといいのね。

①悪口には同調しない。

同調せずとも、否定までする必要はない(角を立てることもない)。
「その方のことは良く知らないもので…」とか「その場にいたわけじゃないからなんとも…」と交わし、別の話題をふって話の流れを変えてしまう。

②相手が求めているリアクションを返さない。

理解できないふりや、能天気、お馬鹿なふりをして、打てば響かない話し相手を演じる。相手が物足りなさを感じるくらいに。

③元気づけない。

相づちだけをたんたんと返す。そうですか、ほぉ、へぇ、なるほど、はぁ、というように。意見や感想は述べない。

④スッキリさせない。

愚痴なら何分、悪口ならここまで、という後で不快にならない自分のリミットタイムを決めて、タイムオーバーになったら席を立つか、理由をつけて他の作業にかかる(トイレに立って区切るのも効果的。それでもしつこいならお腹の調子が悪くてと告げて何度も離席する)。

すると相手はつまらなくなり、愚痴や悪口を吐く対象を他に探し始めるから。

ちなみに「悪口」と「事実を隠さず述べること」は別ものだから間違えないでね。

切実な事実なら、きちんと耳を傾けなくてはいけないよ。

悪口。それは、他人について(事実に反し、また事実以上に)悪い、または、劣っていると言うこと。

この(事実に反し、事実以上に)の中がポイントで、「悪意ある脚色や嘘」を加えた場合、それは悪口となり悪行となる。

そして、「愚痴」と「相談」もまた別もので、愚痴から始まり相談になることも、相談から始まり愚痴で終わることもあるわけだが、基本的には別だと私は思うのね。

愚痴は、愚痴以上のものでも愚痴以下のものでもない。

相談なら、できる範囲で乗ってあげればいい。

これは愚痴なのだと分からず真に受け過ぎてしまうから、親切心や正義感が仇となり、余計なトラブルを引き寄せてしまうのだ。

「愚痴なんだけどいいかな?」と断れる自分。

話の引き際を自覚できる自分。

意識していきたいものである。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (8)

June 25, 2009

運命セラピスト・アフィと行く台湾開運ツアー☆

いつもアフィ・スタイルを読んでくださる皆さんにお知らせです(*^^*)

運命セラピスト・アフィと行く開運ツアーが決定しました♪

場所は占い大国!台湾です。

10月3日(土)~5日(月)の2泊3日。

私と一緒に台湾の開運&パワースポットをめぐって気をいただき、運の向上を目指していきませんか?

今回の台湾開運ツアーでは、参加者全員の皆さんに「あなただけの運命を占った個人鑑定書(紫微斗数占術)をもれなくプレゼント☆

また、ツアースペシャルプライスで、対面鑑定も受けられます(こちらは20名様限定)。

私が直接占い、幸せになる方法を伝授しちゃいますよ(*^^*)

強運体質の作り方などをテーマにした講演も行いますので(台湾開運フードの夕食つき)、是非お申し込みいただけたらと思います。

尚、オプショナルツアーのパワーストーンショップと夜市には、私も同行いたします。

詳細はコチラ。40名様限定企画です。

運命は変えられる。変えられないのは運命ではなく宿命。

変えられるものを変えていく勇気と力を、私と共に吸収しに参りましょう!

私のハグも全員プレゼントです(笑)

占いとは迷信を説教したり、占い師の人生観や幸せの価値観を押し付けるためにあるのではない。

「凶」を先に読み取り、そこから深く掘り下げて考え己を見つめ、周りや状況を把握し、行動や心持ちを変えていくことで「吉」へと運ぶ。

また、「吉」を先に読み取り、クリアすべきことを乗り越える力や、つけておく必要のある力を養い、時を読んで「大吉」へと花ひらかせていく。

そのために、占いを用いて「知恵を借りる」のである。

それにはまず気力が大事で、そんな気の力を得るために、土地や神仏のエネルギーをいただきに体を持っていく。

それが開運旅行。

来年の運を良くするには、秋の動き方がポイント。

台湾でお会いできるのを楽しみにしています(*^^*)

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (2)

June 24, 2009

恨みと恥辱の五分と五分

6月大歌舞伎の「NINAGAWA十二夜」を観劇したんだけど、

20090626

劇中に、

「恨みと恥辱の五分と五分」

というセリフがあって、

(恨みを買うような言動をする罪と、その恨みを相手に恥をかかせることで晴らそうとする罪は、ある意味互角という意)


妙に納得した私。




「仕返しをしたい」「同じ思いを味わわせてやりたい」「復讐して腹の虫を納めたい」


誰かや何かに恨みを持った経験のある人なら、そう思う気持ちもわからなくないんじゃないかな。


だからって、犯罪が許されていいものでは決してないけれど。




もちろん、私だって恨みを抱いたことくらいあるよ。人間だし女だからね。



一番苦しくて辛くて、必死で這い上がろうとしていた時に向けられた蔑みの目。傲慢で尊大な慇懃無礼な言葉の数々。



悔しかった。


その悔しさが怒りへと変化するのに、そう時間はかからなかった。


だから私は、相手にも同じ“悔しさ"というものを味わっていただくことにした。



悔しさという味を痛いくらい知ったその時、人を人とも思わぬその態度がどれだけ人を傷つけ、罪なことかを知り、悔い改めると思ったから。


まあそこで私も、恨みを晴らしたという罪を背負い、その罰を受けてリスクを取ったわけだけどね。懺悔もたくさんしたし…



だから「恨みと恥辱の五分と五分」



恨みある者に対しても、恩徳をもって報いられる人がいるのだとしたら、それは仙人。


世俗に生きる我々のような俗人には難しいのである。



だから、なるだけなら、恨みは買わない方がいい。


人が人に恨みを持つ時というのは、

大事なものを奪われた時。

大切なものをぞんざいに扱われた時。

プライドを踏みにじられた時。

差別を受けた時。

裏切られた時。

人間性を無視されたり、人間としての尊厳を奪われた時。


気をつけていこう。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (4)

June 23, 2009

愛の言霊

うちのボン吉はん、トリミングへ。

20090623

昔の江口洋介をちょいと意識した、揃え系のロン毛(笑)

(東京ラブストーリーの頃好きだったのよ)


星柄バンダナがイケてる☆





犬も人間の子どもと同じで「育てたように育つもの」だし、「育ったように育てたもの」


まあ親の顔が見てみたいってやつだね。いい意味でも悪い意味でも。



ほめる時も、叱る時も、励ます時も、自分の要求や思いを伝える時も、何かを教えたり聞いたりする時も、それこそ日々の挨拶にも、放つ言葉や交わす言葉に愛の言霊を宿していけば、優しさをふくらまし合える関係が築いていけると思うのよ、私は。


たとえ一時、ズレや溝が生じたとしても。


それは部下と上司、社長と社員、夫と妻、師匠と弟子、恋人同士や友達同士、そして、人生の先輩と後輩といった、相互に影響し合うものはすべて。



そして、こう育てたいと思う気持ちと、こう育ちたいと思う気持ちに余りにも差が出てきたその時は、できる限りの愛の言霊をかけてから離れ、遠くから見守ったり、幸せを願ったりすることが優しさになるんだとも。




愛の言霊は、時を経てからでないと響かないこともあるから…。



あの言葉が真実の愛だった。

そういつか気づいてもらうための“さよなら"をする潔さと勇気を、私はこれからも大事にしていきたい



失ってみなければ、わかってもらえない愛もある。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (4)

June 22, 2009

違いが教えてくれたこと

最近よく蚊に刺される(--;)

20090623

かゆくてたまらんっ


人に言われた言葉が、あとになってから心の中で無性にかゆみだす時ってあるよね。


まるで蚊にでも刺されたかのように。



「本当は何が言いたいわけ?」

「それってどういう意味よ?」


「もしかしてあれは皮肉?」

と。



日本は物事をハッキリ言わない風潮にある。

そういう社会・文化だし、それが美徳なんだろう。


お隣韓国やヨーロッパはその逆で、言いたいことをハッキリ口に出す傾向が強い。

そういう社会・文化だし、それがコミュニケーションなんだろな。



日韓二つの血のうち、明らかに韓国側(父方)の血が濃い私は、心にある思いを腹にためておくのが苦手。


なだけに、「後で文句や皮肉を言ったり陰口を叩くくらいなら、なんでその時に直接言わないかね?」とイラついたり、傷ついたりして来た。

「人と自分は違う」
そんな至極当たり前のことを、頭だけはなく、頭と心で理解できるようになるまでは…。



違いは違いでしかないと思えると、ずいぶんと生きるのが楽になるし、いらぬトラブルを引き寄せなくてすむ。



違うんだから、腹を立ててもしょうがない。

違うんだから、表現の方法が異なって当然。

違うんだから、求めてることもそれぞれ。

違うんだから、悲しんでも仕方ない。

違うんだから、自分と同じことを相手に望むのは身勝手。

そう考えたら、違いはただの違いでしょ。



それなのに、人は違いより同じを好みやすく、違いを敵とみなしたりする。

そうでなければ、人種差別もイジメも戦争もないよね。





私は思う。

違いを違いとして受け入れることは、人に対する敬いや尊重という心を生み、その心が魂を成長させてくれるのだと。


そして、大事なとこだけ同じなら、あとは違っていてもまったくかまわないと。


違いから教わったことはあまりにも大きい。



これからも、たくさんの違いに学んでいけたらと願う。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (4)

June 21, 2009

幸せをつかむ不倫のあり方

父の日のせいか、家族連れの人たちをやたら見かけた。


父の日。それは、子どものいる既婚男性と不倫関係にある女性のせつなさが募りやすい日。

(関係ない人もいるけど)

そして、あの人には守るものと帰る家があることを、痛いくらいに味わいがちな日。

(そうでない人もいるけど)




既婚者との恋に悩む方からの鑑定依頼は非常に多いのね。


「私と奥さん、どっちを愛してる?」

「彼が私だけのものになる時は訪れる?」

「彼は私とのことをどうしていこうと思ってるの?」
「彼が離婚できない本当の理由はなに?」

「奥さんとの仲は本当のところどうなの?」


「彼を奪う方法は?」

などなど。



実際私が監修するコンテンツでも、誰にも言えない恋メニューのニーズが高いからね。


「不倫は文化」と言い放った俳優さんがいるように、不倫に対しての意見や考えは人それぞれ。


それが運命という場合もあるし、好きになった人がたまたま結婚していただけということもあれば、出会いが少し遅かっただけというケースだってある。



彼が結婚したという過去と、結婚しているという現在は変えられない。それが現実。


そんな変えられない現実に不満タラタラでいくより、変えていけるものや育てていけるもの、吸収できるものやその恋から学べることを探して、そこにエネルギーを注いでいくことが、未来の自分のためであり、幸せをつかむ不倫のあり方。



だって不倫には、不倫でしか味わえない良さがあるのだから。




離婚するかしないかにとらわれていた青い自分が、いつか懐かしく感じられ、「離婚なんていざされたら困っちゃうからそのままでいいの☆」などと思ってしまうほどに成長していったご相談者の方を、私は何人も見てきている。



どんな恋でも、その恋から自分をたくましく育て上げられた女は、強いのである。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (8)

June 20, 2009

自分の欠片

「花嫁がティアラをつけると旦那が出世する」といういわれがあるの、知ってた?


20090620_1



今日は秋に結婚式を挙げるいとこのドレス選びに参入☆

20090620_2


ウェディングドレスって夢があるよなぁ~


私までワクワクo(^o^)o

20090620_3


ドレスだけなら何度でも着たいかも♪





夫婦って二人が合わさった時に、なるだけ球体に近い形になっていける組み合わせがベストだと私は思うのね。


人には皆それぞれ、欠けてるところと突起しているところとがある。



自分の欠片にぴったりはまるものを、いくつ相手が持っているか?


それが多ければ多い間柄ほど、補い合い、支え合う夫婦になれる運命のパートナー。



年が離れてるからとか、離婚歴があるからとか、同性同士だからとか、国籍が違うからとか、事実婚は嫌だからとか、身内が賛成してないからとか、大人になったらそんなのいいわけ。



私の欠片はあなた。


そう心から思える人と魂で結ばれた時が、真実の結婚なのだ。




結婚願望がふつふつとわいてるあなた。


幸せになるために結婚するのではなく、幸せを築いていくための結婚をしよう。

破壊に向かう恋の相手とではなく、建設に向かう愛を育める相手とね☆

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (2)

June 19, 2009

1Q84

村上春樹さんの7年ぶりの新作長編「1Q84」が売れている。

「大事なのは売れる数ではなく届き方」

そう答える村上氏の記事が新聞に載っていた。

20090619

偉大な人は、言葉の重みが違うよなぁ~。

確かにその通りで、どんな思いも届けたい気持ちがそこにあるなら、届き方が大事。

届けたと自分が感じるものと、届いたと相手が感じるものにあまりにも温度差があれば、それはまったく別のものになりかねないのだから…。

届けたい思いは、

「どうしたら届けたいように届くか?」

という、届き方を意識していくべし。

そのために必要なのが、言い方、言うタイミング、言葉の選び方なのではなかろうか。

この三つを誤るから、伝わるように伝えられないのである。

対面鑑定の現場では、よくこの三つ(言い方、言うタイミング、言葉の選び方)についてのアドバイスをさせていただく私。

思いは一つなのに、その周りをぐるぐる堂々巡り。

そうしていくうちに、思いが空回りしたり、絡まってほどけなくなったり、マイナス思考のスパイラルから抜け出せなくなってしまったり。

すると思いは歪み、変形したまま相手に届く。

ネチネチ、チクチク、ガミガミ、ウジウジ、くどくど、じとじと、ぶちぶち。

そう持ってこられたら、何が心に届く?

良気が届くとはいえないものだよね。

届き方。これをふまえた上での思いの届け方を覚えていこう。

思いとは、決して押し付けるものでも、押し売るものでもない。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (0)

June 18, 2009

アイデンティティー

あなたが一番好きな花はなに?

私は赤い薔薇。

ローズギャラリーの前を通りかかるたび、店内に吸い込まれてしまう。

20090618_1

ここの薔薇は、本当に本当に美しい。

20090618_2

好きだと感じる花には意味がある。

花言葉や咲き方、そしてどんな美しさを持つかは、自分が一番求めているものだったり、生きていく上で大切にしていることだったり、人生のテーマであったりするのね。

赤い薔薇が持つ意味は「愛」

そのとおり、私は愛を大事にしながら生きているし、どの欲望よりも愛情欲が強い。

物欲も性欲も美欲も、愛情欲求を満たすために存在するといってもおかしくないかもなぁ。

愛がすべてだから、愛のための努力だけはいとわない。

そうやって、自分の人生でなくてはならないものや譲れないものを明確にしておくことが、努力の方向性と、幸せにつながる道すじを間違えない策だと私は思うんだ。

自分のアイデンティティーがわからなくなった時は、部屋に一番好きな花を飾ろう。

花とのふれあいの中で、本当の自分がつかめてくる。

アネモネは私の母が一番好きな花。

「固い誓い」

という花言葉どおりの生き方をしている母を、私は今日も愛している。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (9)

June 17, 2009

下弦の月

今日から月は下弦に入る。

下弦期というのは、余分なものやいらなくなったものを出したり、手放したりするのにいい時期なのね。

もう着ない服や使わないものをフリマやリサイクルに出したり、


読み終わった本や雑誌の整理したり、


ダイエットを始めて余分な脂肪をカットしたり、老廃物のデトックスをしたり、角質や甘皮を除去したり



古い価値観を捨てたり、これからの自分のためにならない人間関係を精算したり。






なので今夜の私は、本棚といらない思いの整理整頓。


実はここしばらく、「何で?」と思い続けていた気持ちがあってね。


あの人は変わっちゃったのかなぁ…と寂しくなったり、私が悪かったのかなぁ…と反省したりもして。


でもイマイチ納得がいかなくて、あれこれいろんな角度から眺めたり考え続けていたんだけど、



静かな心で時系列に考察してみたら、私が悪いのでも相手が変わったのでもなく、私自身が変化したから、今まで見えなかったものが見えてきただけだという現実に気づけたのね。


そう、変わったのはあの人じゃなくて自分。

それなのに人は、相手が変わったかのように錯覚して、勝手に悩んだりイラついたりしがち。


それがわかったら、心と頭と現実が見事に一致。いらない思いがすぅ~っと抜けて行った。


下弦の月よ、力を貸してくれてありがとう。


あなたも今日から新月にかけて、いらない思いの整理をしてみよう。



月の光を浴びながら目を閉じ、胸に手をあて、心の蓋を開いてみると、未来の自分に必要のない思いが月に照らされていくよ。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (0)

June 16, 2009

欠点をも愛するために

ボンを連れて歩いていると、すれ違う人の顔がほころんだり、いろんな人に話しかけられてそこに笑顔が生まれたりする。

20090616

そして思う。


私たちは、人と人の間に生きてるから人間。

間にあるものは優しさだったり、あたたかさの方がいいと。





短気という欠点を持つ私は、たまにイライラしたりカリカリしたりして、それを人にぶつけてしまうことがある。


んでいつも後悔。


気をつけようと思っても、忘れた頃にまたやってしまう愚者なのだ。



だから謙虚になれる。


そう考えると、愚かさもまたいとおしさに感じられてくる。


これが己の欠点を愛し、欠点に開き直らない秘訣。




先日もタクシーの運転手さんが、指示した道を何度も間違えそうになるから、ムカッときて「指示をちゃんと聞いてください」と強く言ったら、「すいません、耳が遠いもんで…」と返ってきて超反省(>_<)

運転手さんごめんなさい。

これからはそういう時があったら「耳が聞こえずらいのかも」と思ういたわりを持ちます。






どんな人にも欠点はあるし、間違いをおかさない人はいない。


大事なのは、欠点から生き方や在り方を学ぶこと。


そして、過ちは過ちと認め、人になすりつけないこと。
自分の人生は、自己責任で生きること。

なのではなかろうか。




それが、他者に対する尊敬心と、健康的な自尊心を養ってくれるんだと私は思うのよ。




ああ最近話がかたいね。


柔らかいブログももっと書きまぁす。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (12)

June 15, 2009

それは愛?

相手が大事にしているものや大切にしていることを、どれくらい大切にしたいと思えるか?


それが、「愛の深さバロメーター」だと私は感じているのね。



自分が大切にしてる存在に良くしてくれる人がいたら感謝するものだし、自分が大事に思っていることを尊重してくれたり、応援してくれる人がいたら嬉しいものでしょ。



だから、誰かを好きになったり愛した時は、その人の大事なものを“自分も"大切にしたり守っていこうと思う気持ちをあたためていこう。


それは夢かもしれないし信念かもしれない。親や友達、きょうだいかもしれないし、思い出や築き上げてきた歴史、愛でてきたものかもしれない。

また、前妻との間にできた子供の場合もあれば、こちらからしたら「そんなもの」と感じるものだったりすることも。




どんなものでも、その人が宝だと思うものは、人生の宝物。


粗末に扱えば、自分の宝物も粗末に扱われる時が訪れる。

これを忘れずに、人との関わりの中で生きていきたい。






人はどうしても、愛の深さと執着とを錯覚してしまいがち。


押しつける愛も、縛りつける愛も、深さではなく青さでしかないというのに…。


愛の深さとは何か?

人が生きてく上で必要不可欠な愛について、もっと学びを得ていこう。




人は愛なくしては生きいられない。


にも関わらず、世の中には愛に似た、愛とは違うものがはびこりすぎている。

そう感じるのは私だけなのか?

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (6)

June 14, 2009

浮気について、私論を語る

「もしかして浮気?」



タロットを展開して、これらのカードが要となる所にあらわれたり、数枚が複合して配置された時というのは、浮気の可能性が高いといえるのね。

20090614

「月」「悪魔」の正位置、「恋人」「法王」「正義」「カップの3」の逆位置。


浮気。それは、他の異性に心を移すこと。

カラダだけなら「浮体」

完全に心が移ってしまった場合、浮気は本気にシフトする。


浮気について男を分類してみると、

①DNA的に浮気が癖のタイプ

②今のパートナーへの不満を浮気で解消するタイプ

③女から言い寄られたり頼られると、流されたり情にほだされて浮気に走るタイプ


④浮気ではなく、パートナーチェンジ(本気)のタイプ、

⑤浮気はしない(一途で真面目か、女に対する興味が薄い)というタイプ

この5つに分けられるのではなかろうか。




①はしょうがない。「本能の芽のもぐら叩き」をしても疲れるだけ。良心を上手に引き出して、開き直らせない策を練るのが◎



②と③は、浮気される側にも問題がある場合がほとんど。

可愛げや思いやりをなくしていなかったか?女を忘れすぎていたり、居心地の悪い女になってなかったか?束縛や干渉、監視をして息をつまらせていなかったか?振り返って反省し、改める努力をしながら、相手を責めるエネルギーを自分磨きのエネルギーに向けていければ、浮気熱がさめていく確率が高いし、彼よりもっといい相手があらわれたりするもの。


④は怖い。浮気が本気にシフトしやすい一本気なタイプは、こうと決めたら一直線。

彼がこのタイプの場合は、絆作りが防止策になる。彼にとっての「かけがえのない人」になるよう健気につとめるべし。


⑤なら、安心してあぐらをかくなかれ。人間はブラックボックス。いつどんなきっかけで、知らなかった自分が出てくるかなんて誰にもわからないのだから。

ここでも笑顔と感謝の気持ちを大切にしながら、絆の糸を紡いでおきたいもの。


男と女。浮気と本気。

そんな陰陽がコントラストを形成し、大切なものをよりハッキリと、人生に映し出してくれるのかもしれないね。


たかが浮気。されど浮気である。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (8)

June 13, 2009

ルナリズム

月。


それは、地球に一番近い惑星。



月が女性の感情や身体、運気に与える影響は大きく、ルナリズムを意識した生活をしていくと、女性性の悪さをおさめ、女性ならではの良さを引き出しやすくなれるのね(*^^*)



女らしさを上手く出せない。

女らしさが足りない。



物事をネガティブにばかり考えてしまう。


女の敵は女で苦しんでいる。

女の性(さが)が強すぎてつらい。

尽くしすぎ、世話の焼きすぎ、甘えすぎがマイナスに働いている。


細かいことが気になって仕方ない。


感情的になりやすく、ヒステリーやイラつきが押さえられない。

そんな内なる「女教皇(逆)」「女帝(逆)」に、笑顔を奪われてしまう時って、女なら誰にでもあるよね。



私も自分の中の女に、ずいぶんと手を焼いてきたものだ。


20090613

このルナテラピーは、月の動き(上弦期、満月期、下弦期)に合わせて調合されたアロマオイルなんだけど、



しあさって(16日7時15分)下弦に入る今日は、下弦期に備えたオイルを使ったトリートメントで女性性のバランスを調整。


息を深く吸い込んで脳に香りの信号を送りながら、全身の力を抜き、チャクラを開いて、息をゆっくりとはく。

そう呼吸を繰り返していくうちに、とがりそうな思いが、ゆるゆるとほどけていくのが分かる。






実は満月&新月の時というのは、出産率や死亡率高く、また、犯罪な欲情に関する事件が多い。



だから、本能が理性の蓋を、悪が善を破りやすい満月&新月の夜は、呪術的な祈りごとには好機だけど、大事な決断は避けた方が◎なのよ。



早まった。

取り返しのつかないことをしてしまった。

戻せるなら、時間を巻き戻したい。


そう悔やんで嘆かないためにも、女としての幸せを逃さないためにも、月のリズムを味方につけていこう。


ルナリズムについては、これからブログ内でポイント的にお知らせしていく予定なので、楽しみにしていてね♪

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (4)

June 12, 2009

神様に一肌脱いでいただくために

古くなったお札やお守り。

そのままポイしたりしてない?


それは絶対NG。


ちゃんと神社やお寺の納札所におさめ、手を合わせて感謝の気持ちをあらわすことが大切。

20090612



私たちだって頼まれっぱなしの頼まれごとには、いい気がしないでしょ。




だからお願いごとには、たとえその結果がどうであろうとも、耳を傾けてくれたことそのものに感謝する謙虚さを持ちたい。


聞き入れてくれなかったのならそれは、聞くに値する自分にまだ到達できてない証だし、叶わなかったのならそれは、その願いが分不相応かどうかを見直せというサインなのだから。




また、神様には、頼まれ甲斐を感じていただけるようつとめることも大事。


世の中のため、平和のため、まわりにいる人のため、自分についてきてくれている人々のためといった「私欲を捨てた願い」なら、神様も「よっしゃ!一肌脱ぐか!」と力を与えてくださるだろうし、自分のことしか考えてない人の願いがスルーされてしまうのもいたしかたない話なのだ。



贅沢したいからお金持ちになりたいという人と、世の中のためになることをおこしていくにはお金が必要という人とでは、魂に雲泥の差がある。


誰だって明らかに後者を応援したくなるものだし、社会貢献心を持つことが運の向上につながるのは、偽善、独善、慈善とでは、運の引き寄せ方がまったく違うからなんだよなぁ~。





視野を広く持って世界を見よう。


世界には、涙すらかれ果てた子供たちがたくさんいる。


私の涙など、大河の一滴にすら満たない。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (4)

June 11, 2009

におい

私は抹茶好き。

20090611

大好きな街・京都の風情を味わえるし、緑茶にして飲むより抹茶でいただく方が、茶葉に含まれる栄養素をまるごと取れるからなのね☆

※腎臓を患ってる人は摂りすぎ注意※



それに、抹茶に含まれるカテキンには、口臭・体臭防止効果があるんだよ(^^)




におい。

そのにおいを、「臭い」と感じるか、「匂い」と感じるかは生理的なもの。


男女間においては、それが生理的好き嫌いに直結しやすく、好きな人のにおいなら臭いも匂いになるし、嫌いな人のにおいなら匂いは臭いとなる。


それくらい、においの感じ方はメンタルに左右されるのだ。



また、いい匂いのする人には好感を、イヤな匂いのする人には嫌悪感を持ちやすいもの。

だから、良い印象を与えるために香りの力を借り、足りないフェロモンは香水で補うことが大事なんだよなぁ~。


これが、開運フレグランスの考え方のベース。




自分に自信をつけたい人はジャスミン、

愛されたい人はフレッシュフローラル、

愛する力を養いたい人はローズ、

キャリアアップしたい人はシトラス、

甘え上手、小悪魔系になりたい人はグルマン、

官能を求めたい人はムスク、

出会いが欲しい人にはフルーティフローラル、

結婚運をよくしたいならマリン、

が効果的なので、欲しい運を引き寄せる香りをセレクトしてみてね♪




香りの記憶は脳の深いところに刻まれる。

あの時、あの頃、あの人の香りを街角で感じ、振り返ったことがあるように…。


忘れられてしまうのは悲しいこと。


だからせめて香りだけでも忘れられない、そんなひとでありたいな。

女の勝手なワガママかもしれないけれど。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (2)

June 10, 2009

金銭感覚からわかること

金銭感覚には、その人の本質が如実にあらわれる。

だから、その人がどんな人かを知りたい時は、そこを重視して見てみるといいのね。


使い方だけでなく、稼ぎ方、貯め方、運用の仕方も含めて。




すると、その人にとって何が強みで、何が弱点なのかが浮かび上がってくる。


継続や持続、勝負、守り、自制心、自尊心の強い人もいれば、家族や女、快楽、虚飾、見栄、欲、情け、称賛、依存に弱い人も。





ちなみに私は継続に強くて、欲に弱いっす(^^;




金銭感覚があまりにも違い過ぎると、やがて人生観の相違に発展していきかねない。



だから結婚する相手と、共同経営する(出資する)相手に関してだけは、その部分を両目を開いてしっかり見て、やっていけるという確信を得てから決めるべきだと私は思うのよ。


こんなはずじゃなかった…
なんてことにならないために。



鑑定の現場には、人生のパートナー候補の金銭感覚に不安を覚える方がご相談にいらっしゃる。

「この人で大丈夫なの?」と。



疑問を感じた時は、相手を良く見なさいというサイン。


目を反らさずに、現実を直視しよう。


「今私は、見させられている」


そう意識しながら。


20090610

お財布には縁起のいい熊手を入れてます☆

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (6)

June 09, 2009

運命論

鑑定にみえたお客さまが、いつもブログから元気をもらっているお礼にと、この「ひえひえピロー」をボンにプレゼントしてくださった(*^^*)

20090609_1


ぬいぐるみの中に冷却ジェルパックが入ってるから、暑い夏もこれで快適☆


すっかりお気に入りのボン吉。

20090609_2



嬉しいよぉぉぉ(;_;)


本当に嬉しい(;_;)

私により、私の大切な存在に心を贈ってくれた、その気持ちが嬉しい。


有り難う。




おかげで「このブログを読んでくださる皆さんの元気と勇気と気づきのお手伝いが出来たら…」と願いながら、毎日心を込めて書いている私の思いが、ちゃんと届いていることの実感ができた。


私が一方的に発信してるだけだから、たまに伝えられてるのかなぁと不安になることもあって。。。






このブログ、始めてもう三年以上になるんだけど、


アフィ・スタイルのブログコンセプトは、

「私とあなたは繋がっている」

なのね。



あなたはひとりぼっちなんかじゃない。

ひとりになんかしない。


私は変わらず、ここからあなたを照らし続けている。




だから人生をもっともっと豊かにしていくために、そして、もっともっと幸せになるために、運命を良く運んでいく活動を私と一緒にしていこうよ。


あなたには、幸せになる権利があるのだから。



一緒なら、やれるでしょ(*^^*)






私が監修する占いコンテンツ「運命のセラピスト ―あなたはわるくない 運命は変えられる―」も、同じ思いから生まれたもの。


道に迷った時、

先が見えなくて不安な時、
せつない思いに胸が張り裂けそうな時、

あの人が、そして自分自身がわからなくなった時、


「運命のセラピスト」の扉を開いてくださったら幸いです。



あきらめないで。


流されても、狂わされても、また運んでいけるのが運命。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (6)

June 08, 2009

「分」を見つめ直す

人にはそれぞれの「分」がある。


分とは分け与えられた性質や地位、なすべき努め。

そして、能力の差ではない、向き・不向きもまた分。



分に合わないことをすれば、いつか必ず歪みが出てくるものだし、その歪みが不運を招く。



だから己の分際を知り、分相応に生きることが、人生を幸多くする秘訣なんだよなぁ… 



そこにたどり着くと、思考を分に合わせた方が「生きやすい」ことに気づく。



「私は劣っているのでも、生まれながらに不運なのでも、わるいわけでもない。分に合わないものを求めすぎてる心が、私自身を苦しめているのだ。」



そう思えたからだろう。


ずいぶんと肩の力を抜いて生きられるようになったし、「人生とは楽しむもの」という意識を守って毎日を愛している。




大事なのは、

どんな道を歩いていても、そこに必ずある楽しみや喜びのつぼみを探すこと。

咲けば散る、散れば再び咲く、という輪廻、流転、無常を受け止め、人生のどんな季節も味わいつくすこと。

愛という水を、心に注ぎながら生きること。


なのではなかろうか。





人生には起伏があるから、自信を失ったり、自分を見失ったり、自己嫌悪に陥ったり、生きることそのものがつらくなる時も訪れる。

そんな時は、「分」を見つめ直してみよう。


分不相応な思いにとらわれていないか?

分に合わないものに過剰に執着していないか?







「不向きなものは不向き。向いているものを精一杯やり抜く。」

そんな割り切りと潔さも、人生には必要なのである。


分を知ることは、足るを知ること。


恨まず、静かに、我が分を受け入れる強さを養っていきたい。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (6)

June 07, 2009

人生キャンドル

実は皇居ってパワースポットなの知ってた?

20090607_1

ここは風水的にバッチリな場所。


だから皇居のまわりをジョギングしたりウォーキングすると、気のめぐりがよくなるのね。



8月に私は、屋久島で22キロのヒーリングトレッキングにチャレンジする計画を立てているため、最近はとにかく歩くようにしてトレーニングしてるんだ。



もちろんSPFは必須。

私が愛用しているのはOrezoだよ☆

20090607_2


数ヶ月前、この本を出版する元の元になってくださった編集部の方が、事故で急逝されたという連絡を受けた。


いつも明るい笑顔と笑い声で和ませてくれて、たくさんのひとから慕われていた方だっただけにものすごいショックで。


彼女が天国から贈ってくれのは、

「やりたいと思うこと。

行きたいと思う場所。

会いたいと思う人。

伝えたいと思うこと。

先のばしにしないで、今を大切にして」


というメッセージ。


だから私は、今年チャレンジしたいことは今年に、今できることは今。


その姿勢を大事にしていきたいと思う。



限りある命というキャンドルの長さがつきた時、満足していたいから。



あたためている「いつか」を「いつ」ヒナにかえすか?

計画は具体的に立てていこう。

計画通りにならなくたっていいのだ。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (2)

June 06, 2009

そこにあるのは下心?真心?

去年の11月、生後2ヶ月ちょいでうちに迎えたばっかのボンは1kgなかったのに、

20090606_1

今や4kg弱。

20090606_2


男らしい(?)背中に成長しつつある後ろ姿に、アフィオカンは喜びを感じているよ(*^^*)


この背中は私が育ててきたんだよなぁ~






何かを“自分の意思"で、“責任持って"育てるって、たくさんの喜びと学びを与えてくれるものだね。

そしてそれは、「自信」という「自分を信じる強さ」につながっていく。






人は育てているようで、その対象に育てられているもの。

それは子どもであったり、部下や後輩や弟子、植物や動物、そして男だったり…。


命宿すものとの真心でのふれあいやぶつかりあいは、自分という人間をひとまわりもふたまわりも大きくさせてくれる。


だから、下心のない真心で育み合う気持ちを大事にしながら、いろんな関わりの中で、自分らしく花開かせていけたらいいなぁと思うんだ、私は。



どうしても人間相手だと、そこに私欲を満たしたいという下心が生まれやすくあるから。





人でも動物でも植物でもなんでもいい。

真心を持って何かを育ててみよう。



真心あるところに、真実という「真の実り」あり。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (7)

June 05, 2009

傍目八目

男には男同士にしかわからないことがあるように、女にも女同士にしかわからない世界や話がある。



だから恋に夢中になろうが仕事に熱中しようが、家庭を持とうが、よっぽどの人嫌いでない限り、同性の友達とのつきあいをおろそかにしない方がいいと私は思うのね。

通信手段が豊かな時代に生きてるんだし。





友達は自分を映し出す鏡であり、もうひとつの目。

「傍目八目」という言葉があるように、当事者よりもそばで見ている第三者の方が、物事の是非、利・不利が当人以上にわかるもの。

もちろん、幸・不幸を決めるのは当事者の心でしかないよ。


でも、長く続く幸せを得るために必要なものの是非については、第三者の目の方に正しく映っていたりするんだよなぁ…。


渦中にいる時ほど、自分に対する客観的な判断が鈍るのが人間。


特に女が恋に溺れた場合と、男が欲に毒された場合は、その傾向が強くなるから怖い。


そんな時、自分のことを本当に考えてくれる友の目が頼りになる。



友の目を味方につけよう。


いつも私の“三つの目"になってくれる三人の友に、心からありがとうを伝えたい。

20090605

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (2)

June 04, 2009

ストレス除け

私はもともとストレスに弱い。

だから、余計なストレスはなるだけ引き寄せない、ストレス除けの技を身につけたのね。

それは「三猿活動」。

「見ぬものきよし」という言葉があるように、見たらストレスになりそうなことはあえて見ない(見ざる)。

聞いてショックを受けそうなことは、尋ねないし耳に入れないようにする(聞かざる)。

口に出したらトラブルになりそうなことは、人に言わない(言わざる)。

そして、嫌なことはなるだけ早めに忘れる努力をする。

忘れる力というのは笑顔の多い人生を生きるために必要な力で、記憶力は自分を豊かにしてくれることにだけ持てばいいのだ。

あなたも三猿活動をしながら忘れ上手になって、ストレスを弾く体質を作っていこう。

ストレスなんかに人生を蝕まれてたまるかである。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (4)

June 03, 2009

ハートのチャクラ

今日発売のan・anの83ページで私は、2009年後半の日本を占断しているので、是非チェックしてみてね☆

20090603




この不況は、私たちに様々な影響を与えている。



決まっていたはずのことが進まなくなったり、進んでいたことか中断したり、有るものを失ったり、大切にするものの優先順位を変えざるを得なかったり、方向転換を余儀なくされたり…。


先日精神科医の知人が、この不況の影響で心の病にかかる人が急増していると話していた。





心を病んだ経験のある人なら分かると思う。

心の病に一番の毒となるのは「頑張れ」という言葉で、一番傷つくのは「甘えてるだけなんじゃないの?」という視線だってことを。


だから、もし大切な人の心が病んでしまったら、それは心の風邪として受け止め、自分だっていつ心の病にかかるかわからないのだから、苦しいときはお互いさまという優しさを持って、相手の心の傷にやさしく包帯を巻いてあげよう。


私自身、心の痛みがやわらぎ、やわらげてあげられたのは、励ましの言葉ではなく「あなたに変わることはできないけれど、あなたをわかりたい」という姿勢を見せたり見せられたこと。


それは「共感したい」という思い。


その思いは、ハートのチャクラにじわぁぁぁんと伝わる。


ハートのチャクラは心臓あたり。


ここを日頃から意識してあたためたりさすったりしておくと、心の病予防に効果的なのね。


心はここにある。そう意識しながら毎日を過ごしていこう。


心ある人には、救いがもたらされるから。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (8)

June 02, 2009

今を抱きしめる

うちのボン吉。


ドアの小窓から私を覗き見たり、

200906021

携帯のストラップをくわえて引っ張ったり、

200906022

可愛くてたまらぁぁん。




でもたまに思う。

どんなに慈しんでも、

どんなに愛しても、

いつか必ずお別れする日が来るのだと。




いるはずの存在がいなくなる時。

するはずの足音がしなくなる時。

あるはずのぬくもりを感じなくなる時。

想像するだけで身を切られるような思いがするけれど、逃れることのできないその日まで私は、たくさんの宝物となる思い出をボンと作っていこうと思う。

それが、私の人生の財産になるから。


そしてそれは、今私が大切にしている人すべてに対して、同じことを感じている。





人はこの世を旅立つ時、肉体すらも置いていく。


形あるものはすべて、持っていけない。


持っていけるのは、魂に刻まれた思いだけ。



だから、ものを追いかけるのもいいけれど、今目の前にいる人と、宝物になるであろう思い出を、できるだけ多く作っていこうよ。


特別な何かをしなくたっていい。

笑顔を向けあったり、愛や感謝の気持ちを態度で示したり、励ましの言葉をかけたり、理解しようとする姿勢を見せたり、いいところをほめてあげたり、やさしさで包みこんだり。

それで十分。



許せない気持ちや憎む気持ち、求めすぎてしまう気持ちにとらわれて、素敵な思い出を作る時間をどうか奪われないで。



人生の時間には限りがある。

その限りある時間を、一分一秒でもきらめかせるために、今この瞬間を抱きしめながら生きていこう。



今はもう、今じゃなくなった時から過去になる。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (6)

June 01, 2009

人生階段

「裏切られた」
「信じてたのに…」
「騙された」


そう感じた時は、


『「○○であって欲しい」という「願望のフィルター」を通して相手を見ていただけ』と考えることで、ずいぶん気持ちが楽になるものだよ。


願望のフィルターは「過剰な期待感」を生み出し、「勝手な裏切られた感」をもたらす。


最初からその要素があったのに、表面的なことしか見ていなかったり、現実を見ようとしなかったり、真実に気づかなかっただけ。



人は階段をのぼると、いろんなことが前より良く見えるようになってくるし、影になって隠れていたものにまで目が届くようになる。

それは成長の証。



だから嘆かないで、人を恨まないで、自分を責めたり何かや誰かのせいにしたりしないで、そこまで階段をのぼってきた(成長した)自分をほめてあげよう。


良く頑張ったねと。


そうやってつけた心の筋力は、これからの人生を歩んでいくための力強い味方に必ずなってくれる。





人生の階段は、焦らず慌てずまわりと比べて落ち込まず、一歩一歩、自分のペースで上がっていこう。

20090601


のぼり切ったら、あとはおりるしかないのだから。

投稿 by アフィ | アフィ’s 今日の出来事 | | コメント (6)


サブコンテンツ一覧

プロフィール

name:アフィ

about afi:タロット、易、人相学、西洋占星術、紫微斗数などの様々な分野の占いに精通。また、開運メイク&開運ネイル、開運ファッションを独自の視点から提案し、20-30代の女性を中心に絶大な支持を得ている。特に恋愛については高い的中率、親身で的確なアドバイスなどに定評があり、女性誌やテレビなどの掲載・出演多数。心も体も豊かに、日々前向きに生きながら、人生を楽しむことをテーマにした指導を行うセラピストとして活動中。著書は「恋が上手くいかない理由は全部顔!(講談社)」「LOVE LOVE MAKE(実業之日本社)」「幸せをつかむ『魔法の手』の作り方(マキノ出版)」。[オフィシャルブログ 強運スタイル]http://ameblo.jp/loveafi/

最新情報



【イベント出演】
8/7(日)東京ビッグサイトにて開催 『癒しフェア』にて「顔相&開運メイク」の講演出演決定!

【イベント出演】
ノースリーブスさん(AKB48)の7枚目シングルCD『唇触れず…』新曲発表イベントにて、メンバーの方々の顔相を観ました!

【雑誌“Chakra”記事連載】
これであなたも“占い師”の仲間入り! Chakra占い教室

【開運メイク&ネイルコラム連載】
癒しスポット検索「ヒーリングiタウン」連載!
毎月第3金曜日更新!


【監修コンテンツ】
アフィ・運命のセラピスト」に新メニューが登場。
ふたりを結ぶ「運命の赤い糸」~出逢いの意味、真実の相性、あの人の抱く本心から、想いが重なる日まで



【監修書籍情報】
『幸せをつかむ「魔法の手」の作り方』
好評発売中!
定価:1300円(税込1365円)


【ムック本発売中】
マキノ出版発行
お金に好かれる
「幸運財布」の作り方

お金にも異性にもモテモテになる星座別「財布の色・形」を公開!

オススメ占いサービス

宇宙のトリニティー・アストロロジー
宇宙のトリニティー・アストロロジー宇宙のリズムに合わせて生きれば、心・身・魂がひとつになる。心・身・魂がひとつになれば、本当の幸せが見えてくる……。あなたの悩める魂を解放し、希望の光がさす方へと導きます!
アフィ・運命のセラピスト
アフィ・運命のセラピスト「運命は変わります。あなたがそうしたいと望むなら――」。対面鑑定の現場で30代、40代女性の声に耳を傾けてきたアフィだからこそわかる、あなたの悩み・不安に対する「本当の答え」と「真の解決策」。さあ、人生を変えるヒントはここにあります!
韓国伝統占術 宿命と運命の系譜
韓国伝統占術 宿命と運命の系譜近いようで遠い隣国より四柱推命と易爻の理念を踏襲した秘訣をお届け。古代から伝承される神秘が映すのはあなたの真実と…希望。黒門+アフィ監修。
ラビリンス・スコープ
ラビリンス・スコープ迷宮を抜け出す扉はどこ?運命に迷う時、紫微斗数星占術とタロットが融合した不思議と謎に満ちたカード占い。

このページの先頭へ戻る